FRONTIER NEWS

<<一覧へ戻る

FRONTIER NEWS Vol.32 Spring 

Colum

ある日本人女優が全米デビュー時のインタビューにこんな話がありました。
「英会話のレッスンを受けて撮影に臨んだが、もっと英語の勉強をしていればよかった。日常会話で何げない一言がなかなか出なくてもどかしかった。」
私たちの身近になった英語ですが、話を理解できないという事も少なくありません。この話にあるように、単語を知っていても話せず、日常会話でさえとっさに出てきません。やはり普段から英語に触れる環境に身を置けるか、が重要になってきます。ぜひ自宅でも英語に触れる機会を増やしてみてください。洋楽を聴くなど簡単な事から始めてはいかがでしょうか。

Schedule(June~)

6月12 日(土) 子育て相談会
6 月13 日(日) 英語検定試験日
6月20 日(日) 漢字検定試験日
6月22~25 日 児童英検試験日
7 月23 日(金) サマーキャンプ

Summer Day CamSummer Camp

7月23日(金)
印旛沼サンセットヒルズキャンプ場
自然を楽しみながら、身近な日常の英会話や森の中でのゲームにたくさんチャレンジしてもらいます。

大人の方も楽しめる内容となっておりますので、保護者の方もぜひご参加ください。詳細は別途お知らせいたします。


News !!

2010 夏休み特別企画をご用意しました。小学生3 年生からひとりで参加できる、海外留学です。
その一つはNHK でも紹介されました、韓国パジュ市の英語村留学、そしてもう一つはオーストラリア ケアンズの現地校体験留学です。どちらも大変ユニークです。詳しくは各校のフロントまでお尋ねください。


新コースができました

待望のファンキッズクラス!! ‐海浜幕張校‐

毎週火曜日15:45~(90分間)
幼稚園生から小学1年生を対象に英会話&アート&クラフトやアクティビティなど盛りだくさんの充実した授業です。パティ先生(アメリカ人)を中心に、スタッフがきめ細やかに楽しく指導していきます。このクラスでは英語だけでなく、マナーをはじめ子ども同士の関わり方など(EQ 能力の向上)を取り入れていきます。
043―213―0050(担当:高橋

中国語レッスン開講!! ‐新検見川校‐

上海万博に行く予定の方、お仕事で必要な方、ニーズに合わせて金春玲先生が担当します。金先生は日本語が出来ますので、初心者の方も安心して受講できます。
043-272-0043(担当 工藤)

主要科目学力補正コース ‐新検見川校‐

不登校になるのでは?不登校になってしまったお子様のために新コースが出来ました。不登校未然防止コースでは、専門の講師がEQ 能力の強化カリキュラムを取り入れながら、主要教科を個人レッスンで対応します。
また、不登校になってしまったお子様には、100 パーセント学校復帰を目指すコースもございます。
また、きめられた条件がクリアできると、在学中学校への出席扱いにもなります。お知り合いの方で悩んでいる方がいらっしゃったら、ご紹介ください。
043-272-0015(担当 近藤)

皆勤賞! 英語検定!

児童英検チャレンジャー英検合格

生徒の方はこちらよりお入りください


FRONTIER NEWS Vol.32 Spring 

FRONTIER NEWS Vol.31 Fall 

We have fun in summer school !


2009 Summerschool photo真夏らしい太陽が照りつける下、7月30日に東京江東区新木場の夢の島公園でサマースクールを開催しました。

今年は14名の生徒さんと 、先生方6名(メリアン、ライアン、ニコラス、クリス、ロス、結城先生)スタッフ5名という少人数での参加ではありましたが、お買い物ゲームや、水リレー、入国管理局ゲームなどで一日元気良く遊びました!

普段話すことのない外国人の先生ともたくさん英語で話して、走り周って、食べて笑って、みんな大満足! 来年もまた一緒に行きたいね!!

*当日の写真はフロンティアのホームページの生徒専用ページに掲載しています。


Teachers in Frontier school

Frontierにはたくさんの外国人の先生がいます。普段教わっている先生のほかに、どんな先生がいるのでしょうか?これから毎号紹介しますJamie先生(国籍オーストラリア)はいつも新検見川校で教えている先生。現在産休中のKristine先生(国籍フィリピン)は、予定日よりかなり遅れて8月に男の赤ちゃんを無事出産されました。レッスン復帰までしばらくお待ちください。

Jamie先生
国籍・・・オーストラリア
スクール・・・新検見川校
Img Kristine先生
国籍・・・フィリピン
スクール・・・海浜幕張校
鹿島田校 新検見川校
Img
☆ Favorite food:I love pepperoni pizza but I hate natto.It smells like socks!
☆Favorite country:I am from Australia and it’s a great country but I really like Japan.
☆ My latest news :My wife and I will have a baby girl in November.I am really exicited.
☆Message to Frontier students:The most important thing is to have fun when you study.If you do ,it wont seem as
difficult.Do your best and good luck!
☆ Favorite food:Filipino and Russian dishes.
☆ Favorite country:Dubai and Singa-pore
☆ My latest news: I’ve been catching up on news with old frends.
☆ Message to Frontier students:Let’s have fun learning English.


FRONTIER KIDS 紹介
~未来の国際人 夢・夢・夢~

フロンティア外語学院新検見川校Jamie先生のクラスに通う、英語大好き小6の仲良し3人組みN.Sさん、S.Fくん、A.Nさんに、家での英語とのふれあいImg方を聞いてみました。

フロンティア(以下フ):みんなは、家では英語とどういう形で接していますか?
N.S:DVDを観るときは、必ず、英語の字幕で観ています。いろんな
映画が好きだけど、とくに気に入っているのは、「ハリーポッター」!
A.N :私もDVDは字幕なしで観る~!!
フ:へえ~!すごいネ!意味は分かるの?
A.N:「となりのトトロ」とか、日本の作品を観るから大丈夫、とっても楽しいです!
S.F:僕のうちはときどき夕食後に、家族4人で英語のみで会話をします。英語で通じないと、やって欲しいこともやってもらえないので、必死に話すようになりました。それに自分でもフロンティアで習ったばかりの単語を使ってみたりします。
N.S:うちもお母さんが、私がフロンティアから持って帰るプリントの中から問題を作ってくれて、忘れそうなころにテストしてくれますね。
S.F:僕も児童英検のHP見たり、英検の過去問を解いたりしてます!
フ:みんな頑張ってるねぇ・・・。じゃあ将来の夢は?やっぱり、
英語に関連してるのかな?
N.S:私は通訳になりたい。
N.S:私も同じ!翻訳家もいいかな!
A.N:僕は科学者です。
フ:じゃあ、論文は英語でしっかり書いてね。さて、みんなは英語大好きだけど、
ちょっと苦手だなぁとか、難しいんじゃないの?と思っている小学生や幼稚園生にアドバイスしてください!
A.N:英語が話せれば、世界が2倍に広がって楽しい!最初は大変でも少しでも話せるようになるとどんどん楽しくなってくるはず!
S.F:僕も習う前は英語って難しいのではと思ってたけど、やり出したらそうでもなく文字もアルファベット26文字と日本語より少ないので、もっと気軽に習って欲しい。
N.Sさん:英語が話せれば世界も2倍、友だちも2倍に増えて、楽しいことだらけ!おばあちゃんと一緒に外国に行くのが今から楽しみなんですよ。フランス語も習ってみたいなぁ。
A.N:私はロシア語がいいな!
S.F:僕は英語を徹底的に極めます!!(笑)
フ:夢は限りないねぇ・・・・。今日はありがとう!君たちの夢はきっとかなうよ。

◆しっかりと自分の考えを持った3人でした。今後の成長がおおいに期待されます!Let’s enjoy English!◆

■国際人を目指して!!目標を設定すれば力が伸びる!!

2011年度から本格実施される新しい学習指導要領で、小学校での「外国語(英語)活動」が教育課程にしっかりと位置づけられました。この背景にも、日本全体の英語力の底上げが大きな課題になっていることがうかがえます。
フロンティアは国際人養成にとって、児童英検・英検へのチャレンジ及び取得が大変重要だと考えています。早期に自然に英語と接しながら、具体的な目標にチャレンジすることで、英語力を着実にレベルアップすることができます。


☆Frontierからのお知らせ☆

ハロウィンウィーク開催! 
10.24~10.30 (各校)Img
今年は、去年よりさらに
パワーアップ!
クラスごとにハロウィンパーティーをやる予定です。お楽しみに!
Frontier Christmas Party&
Michael Jackson追悼演奏会
Img
2009年12月13日(日)14:00~
ブュッフェスタイルのクリスマスパーティ!保護者さまのリクエストにより、今年6月に亡くなったMichael Jacksonを偲び、”Heal The World”をみんなで唄います。その他、ダンスやスピーチなど盛りだくさん!
楽器演奏者大募集中。詳細はフロントへ。

FRONTIER NEWS Vol.31 Fall

FRONTIER NEWS Vol.28  

学校トピックス「英検5級合格しました」


と、フロントの先生から電話をもらった時、ぼくは、すごくうれしかったです。ぼくは、3才からフロンティアで英会話を習っていて、じゅぎょうはたのしいのですが、どのくらい習ったことが身に付いたのかわからなかったので、今回初めて英検でためしてみたのです。文法はむずかしかったけど、ヒヤリングはだいたい全部あっていたので合格できました。

たのしみながら、フロンティアで勉強してきて本当によかったです。
ますます英語がすきになりました。
こんどは4級をうけたいです。(本文そのまま)
  
 鹿島田校 (小学4年生)
(08年度 第1回英検 合格によせて)



 受験生のみなさんへのメッセージ

受験生にとって今頃というのは、試験という
ものの存在が大きく感じるようになり、一番精神的に
追い詰められている時期でしょう。私も1年前はそうでした。
学校へ行っても、家に帰ってもやることは勉強、考えることも
勉強で正直辛かったです。それでも週1回フロンティアに通って
いたのは、そんな勉強漬けの日々に休息を・・・と考えたからです。
受験生にも休息は必要です。学校で友人と話したり、家でテレビ
を見たりすることと同じように、私はフロンティアに通い続
けました。確かに話している時は英語です。しかし話す内容は
友人と話すような内容なので緊張はしません。休息をしながらも
語を話しているということで、自然と英語も身につく・・・
一石二鳥ではないでしょうか。
受験生のみなさん!残り少ない日数ですが、
時間を有効に使って合格目指して頑張って下さい!
 
 新検見川校の生徒さん 国立 千葉大学(現役合格) 


◆◆◆ いずみさんは、小学校5年生の春からフロンティアに通って
きてくれています。高校・大学受験のときも休まず元気に通っていました。
★ 高校3年・・・2級
★ 中学2年・・・3級
★ 中学1年・・・4級
を、確実に取得しています。現在は更なるステップアップを
目指して楽しく通ってくれています。         ◆◆◆




 職場体験


フロンティア外語学院では、職場体験学習の受け入れをさせて頂きました。
「働く人に学ぶ・地域に学ぶ」の取り組みに参加させていただいて、受け入れる側の私達もおおいに勉強になった3日間でした。フロンティアの生徒さんとも明るく笑顔で接してくれて、教室もなおさら楽しい雰囲気に包まれていました。

学習された生徒の方々より、お礼のお手紙が届きました。ご紹介させていただきます。(本文そのまま)

拝啓 初冬の候、みな様いかがお過ごしでしょうか。
先日は大変お忙しい中、私たちの職場体験学習のために、いろいろお世話いただきありがとうございました。
初めてのことも多く、緊張してうまくできないことも多かったのですが、みな様に優しく教えていただき、無事に職場体験を終えることができました。
また、最後には手作りのすてきなメッセージカードをありがとうございました。
とてもうれしかったです。
今回の体験で学んだことを今後の学校生活に活かしていけるように頑張っていきたいと思います。
これから、益々寒くなりますが、かぜなどひかれませんよう、お元気でお仕事がんばって下さい。

かしこ
   平成20年12月1日                          小中台中学校 2年生(2名)




ハローウィンパレード大盛況でした!


10月26日(日)、フロンティア毎年恒例のハロウィンパレードが、今年も幕張ベイタウン内で開催されました。当日の朝は小雨混じりでしたが、パレード出発が待ちきれない子どもたち。生徒さんの趣向を凝らした可愛い仮装には雨もかんねんしたのか、傘もささずにパレードできました。講師・スタッフの仮装にも力が入り、外国人講師の熱の入った仮装にはびっくりして泣き出してしまうお子さんも・・・。それでも元気良く「Trick or treat!」と声をあげてお菓子をもらえば、泣き顔も満点の笑顔に!

 パレード開催については「楽しかった~!」との声をいたるところで耳にし、スタッフ一同安堵しております。参加された生徒さん、保護者の皆様、ご協力ありがとうございました!

フロンティア外語学院  スタッフ一同

ハローウィンパレードの手伝いに参加して ★ 
(サポート校フロンティアインターナショナル)

パレードが始まる前は、雨が降っていたので人が集まるのか、というか、来るのか心配していましたが、予想以上に人が多く来てくれました。
子ども達にお菓子を配るのなんて初めての事なのですが、子ども達が元気にパレードが始まる前は、雨が降っていたので人が集まるのか、というか、来るのか心配していましたが、予想以上に人が多く来てくれました。
子ども達にお菓子を配るのなんて初めての事なのですが、子ども達が元気にパレードが始まる前は、雨が降っていたので人が集まるのか、というか、来るのか心配していましたが、予想以上に人が多く来てくれました。

子ども達にお菓子を配るのなんて初めての事なのですが、子ども達が元気Trick or treat!」と言いにきてくれたので、こっちも心地良くお菓子を配る事ができたような気がします。

またこういうボランティアがあったらやってみたいなと思いました。

                                 SK

                                 

FRONTIER NEWS Vol.28

FRONTIER NEWS Vol.27  

暑かった夏もあとわずかになり、空が少しずつ高くなってきたように感じられるこの頃です。

2学期もはじまり、子ども達もやっとリズムを取り戻した頃でしょうか。  フロンティアのお教室にも賑やかな声が戻ってきました。10月には第2回の英検もあり、充実した授業とクラス運営に講師も一層の努力をしていきたいと思っております。


楽しかったサマースクール

今年のサマースクール♪  ●都立夢の島公園

今年は7/23に各校の外国人先生方と一緒に楽しい一日を過ごしました。

まず、英語で自己紹介♪ のための自分の名前カードを作成して、初めて会った外国人の先生やお
友達とごあいさつ。

ちょっぴり恥ずかしくって「まだ知らない人と交換できないの。」と、もじもじしているお友達や「いろんな先生と英語で交換したよ~!」と早々と配ってしまったお友達。

身近な日常の英会話にたくさんチャレンジできる楽しい一日が始まりました!
大きなマルチスタジオでのゲームでは外国人先生のチームに分かれてたくさんゲームをしました。

また、熱帯植物園では見たこともない大きな木があったり、変わった植物を見学したりすることができま
した。

参加したこどもたちや保護者の方に感想を伺ってみました。 



ハロウィーンパレード

10月26日(日)にパレードをします!

詳しいことはこちらをクリックくしてください。

FRONTIER NEWS Vol.27  

課外授業

江戸東京博物館

 フロンティアの新検見川校の三人で、ここの高等部に当たる旭日学園柏校の方達と一緒に、両国にある江戸東京博物館

行きました。

 江戸東京博物館に着いたらすぐに博物館の2階にある野外にて、全員で記念撮影を何回かした後ばらばらになって昼食を食べました。

食べ終わった後はすぐに全員で館内を見て回りました。さすが江戸東京博物館だけあって江戸、そして東京の歴史的価値のある建造物、又は物品の壮大な模型が飾ってあり、説明文もとても分かりやすいものでした。回った主な所はまず江戸をつくるという題名の、江戸時代に造られた日本橋の壮大な復元模型で、江戸時代の初めにで

きた寛永の武家屋敷が飾って

ありました。次が町の暮らしで、江戸時代多くの町人が住んでいた長屋の復元模型でした。次が四季と盛り場で、隅田川に掛かっていた両国橋のにぎわいの模型がありましたが、その当時の季節の夏までリアルに再現されていました。次の題名が江戸の美で、江戸時代に作られたとても素晴らしい浮世絵が飾ってありました。

 江戸の次が東京の展示室で、始めに新しい世の中と言う題名で、明治時代の文明開化に入って来た、今の人たちにもとてもよく利用されている、明治時代の自転車が飾られていました。次が空襲と都民で、これは小学校3年から6年までの子供達の模型があり、格好も再現されていました。次はよみがえる東京と言う題名で、戦後に出て来た電化製品で皆の憧れであった電気冷蔵庫、電気洗濯機、そして白黒テレビが飾ってありました。    

最後が昭和の暮らしという題名で、一九六四年に東京で開かれた東京オリンピックを見る為にカラーテレビが爆発的に売れ、その当時のカラーテレビが飾られてありました。

 この江戸東京博物館に来て、ほとんどの事柄は知らなかったので、見物してとても学べ、そしてとても楽しかったで

す。是非また行ってみたいと思っています。


見ごたえのある展示場



分かり易い説明でした



サマースクール

七月二十三日水曜日午前十時頃、新木場にある夢の島公園にて、今年のサマースクールが始まりました。

 生徒は総勢三十三名。それを三つのグループに分け、一日行動します。先ずはマルチスタジオという場所でゲームをします。

そしてゲームが終わって、休憩に入っても、生徒達は外人の先生達に積極的に話しかけ、シールを貰います。

昼になると、公園内にある少し高くつきそうなバイキングのレストランで昼食。この時もテーブルはグループ毎に分かれています。

楽しいゲームのはじまり

シールをたくさんもらった

バイキングは最高でした!

午後からは植物園へ。最初に二本立ての短い映画を見ます。マダガスカルに植生している珍しい植物等の説明が内容でしたが、子供達には少し難しそう。それを見終えると、次は園内を見学するのですが、その前に、朝分かれた三つのグループを更に二つずつに分け、より小さなグループで行動します。

園内には、映画で見た面白い形をした植物達が沢山。中には大きな食虫植物や天然のゴムもありました。

二時半頃に土産屋前に全員集合。夫々(それぞれ)の土産を選んで買います

そして外に出て、かなり広大な広場へ。暑いので皆木陰でお菓子を食べます。そしてその後、広場で恒例の水風船のキャッチボールをします。ゲームが終わると、生徒も先生も皆、自分の手形を描いた紙皿に、お互いにメッセージを書きます。最後に集合写真を撮って解散しました。




お土産はどれにしようかな




夏祭り

旭日学園の船橋校の生徒さん達の祭りの露店を手伝う為に、フロンティア新検見川校のメンバー三人で船橋まで電車で行き、そこから更に祭りが開催される本町通りまで徒歩で行きました。無事、本町通りまで辿り着き、そこで船橋校の方達とも無事合流できました。

 露店がヨーヨー店だという事もあって、着いたらすぐにヨーヨー作りを始めました。先ずはエアポンプに少量の水を入れて、ヨーヨーの風船にエアポンプで水と空気を入れて膨らました後は、すぐに口を指で押さえて水と空気が逃げないようにして、次は輪ゴムを使って口に上手く巻き付けて、更に巻き付けた輪ゴムの余りを少し使って小さな輪っかを作って、ヨーヨーの口に引っ掛けた後は残りの輪ゴムを、これまた少し使って指に巻き付けて、きつく結ぶという簡単なようでとても難しい作業でした。

 ヨーヨー作りの作業は、慣れれ

ればすいすいやっている人と、どうしても難しくて、あまり上手にできない人との二手に分かれていました。でも、ほぼ全員の人がすいすいやっているので内心とても驚きました。

 昼になり、ヨーヨー作りも一段落した時に、手伝いに来ていた新検見川校のメンバー三人は、露店に昼食を買いに行きました。並んでいた露店の大半は食べ物専門で、後は中古店やアンティーク店や家具店や植物店、あとは射撃やくじ引き等の普通の露店でした。買ったのは焼きそばやたこ焼き、焼き鳥等で、三人で一緒に食べて美味しかったです

食べ終わった後も最初より倍の数のヨーヨーを作るために、ひたすら励みました。みんな長時間やっていたので、ずいぶん上手になりました。初めての体験ばかりでしたが、とても良い思い出ができ、楽しかったです。

苦労したヨーヨー作り

ヨガ

 フロンティア新検見川校のサポート校では、四月の中頃から、新しくヨガの授業が始まりました。体育や調理実習が始まった時と同様、一体何処でやるのかと思いきや、当然のごとくスクールの部屋で。一人ずつマットを敷いて、その上でやります。

  教えてくれるのは佐藤先生という方。女性の先生で、見た目は物凄く痩せているのに均整がとれていて、正にヨガをやっているな、と言う感じ。

 そして内容についてですが、先生が常々言うのは、難しいポーズをすることよりも、一番大事なのは呼吸なのだそうです。もしもポーズをとる為にどこかを痛めたり、呼吸を蔑ろにしてしまえば、ヨガの意味を全く成してはいません。体にとって良いものがヨガということです。

ヨガの最中は、いつも大自然を思わせる様な音楽を流すのですが、これがまたすごい威力で、目を瞑ればすぐに眠れる程で、また、集中するのにも適したBGM だといえます。

 そんな中、様々なポーズをとっていくのですが、僕らが毎回やるのが太陽礼拝というものです。

本来はこのポーズ一式を一〇八回も繰り返すそうなのですが、そんなには出来ないので、僕らは三回。マラソンや筋肉トレをしているわけでもないのに、気が付くと結構な量の汗をかいていて吃驚(びっくり)します。それでいて、いい運動をしたという実感も湧き、更に最後にする瞑想は、寝入らない方が難しい程なので、寝る前にもお勧めです。

 興味のある方は是非やってみて下さい。



今回号の「この一枚」

FRONTIER NEWS Vol.26  

フロンティア各校からのメッセージ


桜のつぼみもふくらんで、入園や入学と希望あふれる季節となりました。日ごろはフロンティアの教室運営にご協力とご理解を頂きましてありがとうございます。新年度を迎え、講師一同、いっそう充実した授業を行うために気持ちをひきしめております。


小学生はもちろん、外国人講師による日本語を使用しない「ダイレクトメソッド(直接教授法)」で、フォニックスを中心にヒヤリング力、リーディング力を高めていきます。


海浜幕張校

簡素な住宅街・幕張ベイタウン内に位置する海浜幕張校は、幼児から大人まで200名もの生徒を抱える活気あるスクール。なかでもピアノ伴奏を伴った幼児向けの英語リトミックレッスンは、こどもたちにもお母さま方にも大人気。歌やダンスを通して、楽みながらきれいな発音や英会話が身につきます。

小学校1~3年生のうちに児童英検に挑戦し、高学年で英検4級取得者を多数輩出しているのが特徴です。ここ数年で帰国子女の生徒さんの数が倍以上に増えたことから、既存の生徒さんもいい刺激を受け、スピーチコンテスト開催や年中行事イベントへの積極的な参加など、ますます活気付いている海浜幕張校です。

新検見川校

☆こんにちは、新検見川校です。☆

当校は、広い待合室から聞こえる生徒さんの笑い声でいつでも賑やかな教室です。また、個性豊かな講師、スタッフがアットホームをモットーに明るく楽しい教室作りを心がけています。英語はもちろんのこと、スペイン語・韓国語のコースも充実しています。興味のある方は是非お問い合わせ下さい。

ふかふかのソファーと沢山の植物たちが皆様をお待ちしています。

鹿島田校

おめでとう!!
K君、念願のインターナショナルスクールに合格!
お母様いわく、帰国した当時は英語力がキープできるか?フロンティアはどんなところか?不安がいっぱいだったそうです。
ですが、いろいろな先生達に「絶対大丈夫」と励まされ、面接の前日までK君は練習を頑張り、当日は伸び伸びと自分を表現することが出来たそうです。
1月から元気良く通い始めたK君。「学校大好き!」

「将来は海外で働きたい」と夢いっぱい。これからが楽しみです。最後にお母様から「フロンティアに来て良かった!」と嬉しいお言葉を戴きました。 K君を担当した講師は Davis.Ryoutaro.Andrei です。

 

大久保校

春の人事
この春、退職される先生はTOM先生。フロンティアでは約10年勤務されたベテランの先生です。モデルとして俳優として映画やTVなどでも活躍され、とても人気のある先生でしたので残念ですが、皆さん一緒にTOM先生を応援しましょう。

京成大久保校でも紹介されたように、新しい分野にチャレンジされます。ぜひ、皆さん応援して下さいね。TOM先生が今までに担当したスクールは下記の通りです。
鹿島田校・新検見川校・京成大久保校・美浜C.C・津田沼パルコC.C・鎌取C.C



FRONTIER NEWS Vol.26  

「ペアレンティング(親業)」定期講座

第1回 講演 3月16日 新検見川校にて

不登校・ひきこもりなどの子どもをつくらないためにも


皆様にご案内を差し上げておりました「ペアレンティング ミニ講座」第1回目が3月16日(日)、参加者多数の中、充実した成果を挙げることができました。  
この「ペアレンティング」は、不登校やひきこもりなど、問題を抱えているいないにかかわらず、また、子どもが小さい大きいも関係ありません。
すべての父親母親にとって、子育ての原点を見つめ直し軌道修正する良い機会になると思います。
今回ご参加の方々からは「もっと早くこの講演を聴いて子育てに生かしたかった」などの感想を沢山戴きました。
フロンティアでは「ペアレンティング(親業)」を学ぶ機会として毎月1回テーマを設け、親が理解して実践していかなければならない事を、10回のシリーズに渡って掘り下げて勉強して行きたいと思います。
是非お気軽に、講演会および茶話会に参加してみてください。

第1回テーマ ~ 子どもの能力を台無しにする大人たち ~

講師:情緒教育研究所 所長 後藤 康夫 先生

◆講 師 紹 介◆
EQカウンセリングの第一人者。1984年立教大学社会学部産業関係学科を卒業。EQ力で不登校の解決ができることを提唱し、自ら1997年にマザーズサポート(現 情緒教育研究所)を設立、EQカウンセラーとして不登校子どもの会・親の会の運営を行う。2003年に千葉大和高等学院を開校。今までに1000人以上の当事者解決を行う。現在、学校運営の傍ら不登校の解決ができる学校、NPO団体のプロデュース、企業コンサルティングとしても活躍。EQ力実践で不登校の解決や企業を再建している。
さらに、一人でも多くの子どもたちに声かけ活動を!を合言葉に千葉市補導員としても活躍。


<第1回 講演会レポート> 

子育ては、一人で生きていける力、すなわち子どもが
“自立”していくための“こころ”を鍛えていくことが大切なテーマ

それには『親』はどうすればよいのか・・・

 「まず、子どもを授かった時から両親での子育ての話し合いがとても大切。特に子育てについて夫婦の価値観の足並みを揃えることが重要!」と話されていました。
極端に言ってしまえば、両親が子育ての価値観のすりあわせをしながら、子どもの自立を真剣に話し合いながら育てている場合は、多少の行き違いがあっても間違いなく必ず問題なく育つそうです。(親が未熟な価値観である場合は、子どもが親から教えられることが少ないため、いろいろな問題を抱えることになる。)

一人で生きる力をつける・・・

助けすぎる親の場合 → 考えない、悲しまない → 内向性(ひきこもりなど)生きる力弱くなる 
放置しすぎる親の場合  → 親が未熟なため、様々な価値観が埋め込まれない → 非行成長をすると共に、親と子どもの距離が自立に向けて離れていかなければいけなくて、その過程でおこるいろいろな問題を、両親の共同作業で乗り越えていくことが大切。もちろん片親でも役割をすることで乗り越えられます。 

不登校・ひきこもりになってしまったら

「怪我や病気と根本は同じ。違うことは少しだけ休ませてあげること(落ち着くまで待っていてあげる)本当は本人は助けてと悲鳴をあげているから。でも、休むのは1~2ヶ月まで。それ以上になると反対にどんどん難しくなる。」とのこと。
また、「原因はほとんどが親である。本人に何かさせるのではなく親に「やりなおし」をしてもらわなければならない」
 以上、後藤先生のお話の抜粋をレポートさせて頂きました。数多くの実績に裏付けされているからこその迫力のある講演でした。“ なるべく多くの方々に是非とも聞いて頂きたい”という気持ちがとても湧いてきました。

フロンティア・インターナショナル 教頭 小野美鈴

次回ペアレンティングのご案内

日  時: 4月13日(日))13:00~14:00(講演) 14:15~15:15(茶話会)
場  所: フロンティアインターナショナル(フロンティア新検見川校内)
参加費: 500円(予約制) ご夫婦でのご参加もお待ちしております
申込み:043-272-0015  担当 野中・小野

★尚、当日講演会後、後藤先生による個別相談ができます。
ご希望の方は予約制となっておりますので、事前にお申込み下さい。
料金は別途 30分 1,575円となります。

FRONTIER NEWS Vol.26  

FRONTIER NEWS Vol.25  

東京大学に入学された先輩から
嬉しいメッセージが届きました

今春東京大学に入学された、京成大久保校の田久保勇也さんから
嬉しい合格の報告とお礼のメッセージが届きました!!

I began attending Frontier when I was in the second grade of junior high school. I was taught by 6 teachers during my time at Frontier. They were from different countries and had different characters. So, in addition to English, I learned about many different cultures. Thus, I improved my English skills and I passed the University entrance exam. I want to continue improving my Englishand become a more international person. I appreciate that Frontier has done that to help me.

Thank you very much

Yuya Takubo


 僕は中学2年のときからフロンティアに通い始め、これまで6人の先生に教わってきました。出身も性格も違うたくさんの先生方とレッスンをすることで、いろいろな文化を学びながら英語の能力を伸ばすことができました。そうして培った英語の力が強みとなって大学にも合格することができました。これからも英語を学んでいき、国際的な人間になりたいと思います。
今までありがとうございました。

田久保 勇也


●おめでとうございます! 嬉しくて頼もしいメッセージありがとうございました。これからの様々な国際的な活躍を、スタッフ一同期待しております!



FRONTIER NEWS Vol.25  

「子育て世代へのメッセージ」10月18日講演

~あなたの温もりは子どもたちにつたわっていますか?~

ITO総合教育研究所 所長 伊藤 幸弘先生の講演をきいて

講 師 紹 介 - 伊藤 幸弘 先生

様々な問題を抱える少年少女と、その親たちのカウンセリングなどのボランティア活動を続ける中、3,000人超の相談者と向き合ってきた。約30年前に暴走族・総長という経験を経て、その後は世の中のために生きることを誓った。TVなどで活動ドキュメントが放送され、全国から問い合わせが殺到し、注目を浴びている。国会からも青少年問題特別委員会の参考人として招かれ、教育文化に大きな衝撃を与えた。

<レポート>Vol.1
あらためて知る、乳幼児期の子育ての重要性・・・
それは、こどもの思春期を大きく左右している

「乳幼児期の重要性・・・」

90分に及ぶ氏の講演内容はそのことに終始一貫していました。それは氏がこれまでの3,000人を超える相談者と向き合い、子供たちを預かった経験から導き出せた答えなのだそうです。それを多くの人に伝えたい。その思いが最後まで熱く心に響きました。講演内容を簡単にですがご紹介いたします。

まず氏は、最近青少年の犯罪が多くなったことにふれ、「思春期になると問題が大きくなることをやるから目立つだけで、それは保育園の幼児が保育者の困ることを次々とやるのと同じです。」と述べられました。

つまり、こんなことしても自分のことが好き?と試している幼児と根本は変わらないのだと・・・。氏は、次のような実例を挙げています。リストカットを繰り返す24歳の女性を預かることになったが、あらゆる試みをしてもやはりリストカットをしてしまい、お手上げ状態だったのだそうです。そこで氏が行ったのが、彼女が夜寝る時に哺乳ビンでミルクを飲みながら布団に入るという『哺乳ビンセラピー』だったそうです。この作業が彼女にとって大きな変化をもたらし、あれほど頑なに止めなかったリストカットが3ヶ月でやらなくなったといいます。この頃の彼女は『思い出し症候群』といって、過去(幼児期)に親からしてもらわなかったことを突如として思い出してくる状態になっていたそうです。このような例はとても増えているそうです。この実例は会場に大きな衝撃を与えました。つまり、氏が確信している「乳幼児期の子育てがその子の思春期を大きく左右している」ことに他ならないからでしょう。子どもは赤ちゃんの時からすでに一番大切な、親との(あるいは人との)信頼関係を学ぶそうです。

「オギャー」と泣くこと(=努力)に対して親が気にかけて寄ってくる(=努力が報われた)→この経験から信頼を学ぶのだそうです。また氏はそのことに関してこう述べられました。子どもは乳幼児期に親からの愛情を経験して信頼を確立できなければ、その経験を(親からでなくとも)しなければならないように出来ていると。氏の言うとおりであれば、問題行動で困っているのは果たして親なのでしょうか。この経験をさせてもらえなかった子ども達の方なのではないかと深く考えさせられました。

立ち直り・・・

親でなくとも他人の愛情で人を信じられるようになることもある。

氏は自分の過去を事例にあげてそう話されました。自身も母を亡くした悲しみと自分のことを疎ましく思う父への恨みから非行に走り、暴走族の総長までになり入獄の経験を持ちます。2年の刑期を終え初めて刑務所の外へ出たときに、大勢で迎えに来ているはずの族の仲間の姿は一人もなく。「こんなものか・・・」と裏切られた気持ちと何をしていたんだろうという気持ちが交錯する中、たった一人大きく両手を広げて待っていた人物がいたそうです。その人物は、逮捕前に働いていた会社の社長で、氏をしっかり両手で抱きしめてくれて「全部おまえを引き受けてやるから」と言ってくれたそうです。その時、氏は初めて人を信じることが出来た無償の喜びを感じることができたそうです。そして、今の自分があるのは社長との出会いがあったからと話します。

親(または人)を信じることの出来る人は自分のことも信じることが出来る = 自立

なぜこれほどまで乳幼児期が大切なのか、何を大切にして本当にかけがえのない乳幼児期の子育てをするのか。氏は決して大きくなってからでは遅いとは言われませんでした。そして氏は最後に「子育ての環境で一番望ましいのが父親の協力がある家庭。そして夫婦仲がよろしい家庭」と結ばれました。ちょっと耳の痛い締めくくりではありましたが、この講演を聴いてもう一度子育てを思い起こし考えてみる良い機会となりました。つたない文ではございますが感謝してご報告させていただきます。

編集 新検見川校 小野 美鈴


FRONTIER NEWS Vol.25  

楽しいイベント盛りだくさん

楽しかったよ☆ サマーキャンプ


今年のサマーキャンプは佐倉草ぶえの丘(7/25)、マザー牧場(7/26)の2日で行いました。 各校の外国人先生方と、教室とは違った会話や身近な日常の会話を楽しんだり、ゲームをしたり楽しいキャンプになりました ! 
参加したこどもたちに感想を聞いてみました。

佐倉草ぶえの丘
マザー牧場
●いろいろな英語がしゃべれておもしろかった。

●陶芸教室は初めての経験だったけれど先生に上手とほめられて嬉しかった。

●陶芸のかたちを造るのが楽しかった。

●いつも教えてもらっている外国人先生とたくさん話せておもしろかった。

●新しい自分だけのハンバーガーが作れてすごく嬉しかった。

●ピーマンと玉ねぎは苦手だったけど入れたらおいしかった~!
●バスの中での英語タイムが楽しかった。

●昼食はカレーライスを全部食べておいしかった。特に牛乳がおいしかった。

●イベントショーは初めて見たものばかりで、とてもおもしろかった。 羊にさわれてすごく嬉しかった。

●綱引きに力が入って、すごく頑張った。

●外国人先生との会話が少しでもわかっておもしろかった。先生もおもしろかった。

●お兄ちゃんお姉ちゃんと遊べて楽しかった~ !

ハローウィンパレード大盛況のうちに終了


10月28日(日)、フロンティア毎年恒例のハロウィンパレードが、今年も幕張ベイタウン内で  開催されました。前日から激しい台風に見舞われ、一時はパレードの開催も危ぶまれましたが、当日は台風一過の素晴らしい秋晴れの一日となりました。パレード出発が待ちきれんとばかりに早くから集まってくる子どもたち。生徒さんの趣向を凝らした可愛い仮装に負けじと、講師・スタッフの仮装にも力が入ります。外国人講師の熱の入った仮装にはびっくりして泣き出してしまうお子さんの姿もちらほら。それでも「Trick or treat!」と声をあげてお菓子をもらえば、泣き顔もすぐに笑顔に変わってしまう子どもたちなのでした。

パレード開催については「楽しかった~!」との声をいたるところで耳にし、スタッフ一同安堵しております。参加された生徒さん、保護者の皆様、ご協力ありがとうございました!

海浜幕張校 伊藤 圭子

FRONTIER NEWS Vol.25  

FRONTIER NEWS Vol.24  

中高生の家庭での英語の勉強方

初夏の風がすがすがしく、こころ弾むような季節になりました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。フロンティアでは新しい講師・スタッフも増え、皆さまに快適なレッスンを受けて頂けるよう、一丸となって応援していきます。

『中学生、高校生の家庭での英語の勉強法』について海浜幕張校のKanako Hornia先生に聞いてみました。

Reading・Writing・Listening・Speakingをバランスよく学習することが大切です。

その中でもReadingは特におすすめしたい学習法です。読解力・語い力・表現力といった言葉の豊かさを培うことができるからです。一冊の本の中には何度も同じ単語が繰り返されてでてきますから、段々その意味も推測できるようになります。本を読み終えたときにはたくさんの単語力がついていることでしょう。

私自身もこうして単語量を増やしていきました。学校ではまだ習っていない文型や表現があっても挑戦していきましょう。そして本を読むことで長文に対する抵抗感がなくなれば高校受験、大学受験にも自信を持って望むことができるでしょう。

Listeningについては英語に耳を慣らすために毎日少しずつでも聞くことが必要です。自分が楽しく興味の持てるものを見つけてみましょう。市販の参考書についているCDでもいいですし、CSやNHKの海外のドラマを英語でみたり、日本のニュースを一部英語で聞くなど最近は家庭でもたくさんの英語を聞くことが可能です。Speakingは会話クラスで学んだフレーズを練習することからはじめて『自分は家族や友達と日本語でいつもどのような会話をしているかな』と
考えてみて下さい。とりあえずミスを気にせず話してみましょう。言いまわしや表現がわからなかったらレッスンのときに先生に質問して下さい。皆さんの吸収力旺盛な脳ならみるみる会話力が身につくはずです。

せっかく何年も勉強しなければならない英語です。ぜひ総合的な英語力を身につけて下さい。英語ができれば将来の選択肢もずっと広がるはずです。

Kanako Hornia


FRONTIER NEWS Vol.24  

親子留学をして
~鹿島田校 佐々木春菜さん(小4)・お母様 和子さん~

昨年夏、バンク-バに2週間親子留学をしました。
娘はサマースクールへ、私は語学学校へ通うことになり、最初は不安だらけでしたが、ホストファミリーが本当によくしてくださり、大変楽しく過ごすことができました。 サマースクールへ通った娘は、料理を作ったり、水泳をしたり、博物館にプチ遠足に行ったり、毎日楽しそうでした。先生は中国人。同じクラスにも日本人はほとんどいませんでした。朝、6時半に起きて一日も休まず通いました。娘を送った後、また次のバスに乗り、私は語学学校へと向かいました。若い学友たちとお茶をしたり食事に行ったり。学生時代に戻ったような懐かしい気持ちがしました。

毎朝通うバスの中でも日本とは違うことがたくさん。朝の運転手さんは客を待たせながら、マクドナルドに朝食を買いに出かけるし、調子が悪くなったバスを乗り換えるときのアナウンスも、日本なら「皆様、大変申し訳ございません。」と始まるところ、「HEY GUYS!」と呼びかけられ、びっくりしてしまいました。

困ったことといえば、娘がホスト宅を気に入ってしまい、なかなか外出できなかったことです。同じ年の女の子がいたので、二人でそれは楽しそうに、庭の野いちごを積んでジャムを作ったり、テントで眠ったり、お誕生会にまで出席させてもらいました。夜は9時過ぎまで明るいので、夕食後に公園で遊んだりもしました。

ためらったり躊躇したりせずに、思い切ってやってみること。これがいかに大きな経験と感動を呼ぶか、今回の旅で思い知らされました。皆さんも、ちょっとの勇気を持って親子留学をなさってはいかがでしょうか。きっと何か大きなものを得られるはずです。


FRONTIER NEWS Vol.24  

新規開講のお知らせ!!
~海浜幕張校 中学生クラス~

●新中1クラス 英語 intensive+英検コース

新教科となる英語を得意教科にする為に、ベーシックな学習に加えて英検の対策も行います。中学校1年生終了までに、英検4級を目指します。少人数制できめ細やかに指導いたします。

日 時:(火)19:10~20:10
定 員:6名
月 謝:9,450円
講 師:日本人講師が担当いたします
     (教科書Total Englishに対応)

※ ネイティブ英会話クラスとのセット受講も可能です
※ 月謝:15,850円

●Advanced Intensive English Course

毎月第1土曜日 9:00~10:20

対 象 者:既存の生徒で英検4級以上
レッスン料:1回2,500円
講   師:Kanako Hornia

※このコースは毎日の学習スケジュールが講師から提示され、週に一度宿題の提出をします。E-mailでいつでも教師に質問をすることができます。

フロンティアは実用英語検定試験準会場指定校です。当校で英検の受験が可能です。現役面接試験官による二次試験も随時受付中!1級まで対応可能です。二次対策にお困りの方もお問い合わせください。

★海浜幕張校の連絡先:043-213-0050

FRONTIER NEWS Vol.24  


FRONTIER NEWS Vol.23 

ベビーサイン教室 好評のうちに終了しました!!
次回をお楽しみに!

最近、テレビでも話題のベビーサイン・・・
皆様ご存知ですか? まだお話できない赤ちゃんが、小さなおててを使ってお母さん、お父さんとコミュニケーションをとる方法です。(NPO法人 日本ベビーサイン協会認定コースです)

半年間のクラスは、初めはお座りしているだけだった赤ちゃんが、みな元気に動き回るようになります。赤ちゃんが一番成長する時期を目の当たりにでき、大変幸せです。 皆さんも赤ちゃんと楽しくお話してみませんか?たくさんの素敵な思い出がどんどん増えていきますよ。

毎月1回のクラスでは、お歌や絵本、パネルシアター、ふれあい遊びなど、赤ちゃんが喜ぶアクティビティをご用意しております。お母さんもサインが覚えやすいように、ご協力いたします!

 ご興味のある方はぜひお問い合わせ下さいね。

講座:全6回
日程:毎月第3水曜日 第4木曜日
時間:10:30~11:30am
定員:親子10組(先着順)
場所:フロンティア外語学院 新検見川校
対象年齢:生後6ヶ月~15ヶ月
講師:安藤 由美子
(日本ベビーサイン協会認定講師)
~講座料~
本講座:
1回2,310円×6回
合計:13,860円
教材費:3,500円(1回限り)
講座料合計:17,010円
※ベビーサインクラスでは英会話指導はありません。

★ベビーサイン講座卒業のママ達の声(終了時アンケートより)★

  • 歌うと喜ぶので、家でも色々歌いました。教室でも楽しそうにしているので良かったです。
  • 歌はサインが覚えやすいと思いました。
  • 同年代の子ども同士で楽しく遊びに来ている感じでよかった。
  • 先生や教室の皆さんに励まされ、最後まで続けられて良かったです。
  • 最初よりベビーサインの数が増えました!
  • 遊びの幅が広がりました。
  • たくさんのサインを覚えてくれて楽しめました。兄弟ができたらまた教えたいです。
  • 本当に楽しかったです。最初は本当にできるのかな?と不安なところもあったけど、できるようになりました。今やみんなに広めたいくらいです。
  • とても楽しいクラスでした。サインも少しずつでてきて、楽しくなってきました。


  • FRONTIER NEWS Vol.23 

    パパママの為のParenting Basic講習会
    <講師-千葉大和高等学院校長>

    子育てでお悩みのパパ、ママの為に月1回の講習会を企画しました。「子どももがいう事を聞かない。」「子育てが思い通りにいかない。」「最近、学校にいきたがらない。」「子どもをどういう風に育てていくか?」… などお悩みの方、お子様の年齢・学年に関わらず、お気軽にご参加下さい。講師は千葉大和高等学校校長EQカウンセラーでお馴染みの後藤康夫先生です。(予約制です)

    第1弾:まず、最初に確認しなければならないこと 
    -就学・入学までの親の心の準備-
    ・1月8日(木)10:30~12:00 終了済み
    第2弾:就学時必要なEQ能力について
    ・2月15日(木)10:30~12:00 終了済み
    1回約90分、一部ワークショップ形式
    定員10名、1回1500円

    ★実施場所★ 
    新検見川校 お問い合わせ・ご予約はTEL:043-272-0043
    ◆ お願い ◆

    休会または退会される場合は、該当する月の40日前までに規定の届け出用紙でご提出ください。期日までに各届出用紙が提出されない場合、翌々月分の授業料を徴収させていただきます。

    例) 7月いっぱいで退会をご希望の場合は、6月20日までに届出が必要です。届出が6月21日以降になった場合、7月分の授業料をご請求させていただきます。

    休会される場合、在籍料として1ヶ月間につき2100円(税込)を申し受けます。出産で休会をされる場合は、3ヶ月間休会費無料となります。

    ♪各校の連絡先♪
    ★新検見川校:043-272-0043  ★海浜幕張校:043-213-0050
    ★京成大久保校:047-493-3080  ★鹿島田校:044-522-9944


    FRONTIER NEWS Vol.23 


    FRONTIER TIMES 2006 Autumn 

    最高の笑顔で応援!
    チアコンペションで特別賞受賞!

    7月8日渋谷児童会館でCHEER COMPETITION(チアコンペション)というチアリーダーの大会が行われました。これは一般からキッズまでのチアリーダーが、素敵な笑顔とダンスを発表する大会です。この大会で新検見川校の粕谷莉沙ちゃん(年中)のチームが見事特別賞を受賞しました!そこで、お母さまに喜びの声を伺ってみましたのでご紹介します。

    娘は4歳(年中)で、練習のときもまだ先生のマネをしているという感じでした。先生がいないと踊れないのでは?と親である私のほうが焦りだし、大会間近になって先生のダンスをビデオに撮り、家で猛練習!!(おかげで私もしっかりダンスを覚えました)

    そして大会当日、娘はキッズ部門で出場! 私の心配をよそに舞台に出てきた娘のチームはみんな笑顔バッチリ! 先生がいなくても自信満々に踊って最高のダンスを見せてくれました。踊り終わって帰ってきた娘に「すごーい! 上手に踊れたね。最高だったよ。」と声をかけてから「舞台に立ってドキドキした?」と聞いたら「全然ドキドキしないよ。楽しかった!!」と・・・そんな事言う娘にビックリでしたが、そうなのですよね。チアリーダーとは笑顔で応援すると言う気持ちが大切! チアリーダーが楽しくなければ、見ている人だって楽しくないし応援されても嬉しくないですよね。そんな基本的なことを4歳の娘から教わりました。賞はもらえなくても・・・と思っていたのですが、思いがけず特別賞を頂き(準優勝に1点の差だった為)、またまたビックリ! それで自信がますますついたのか「今度の新しいダンスは私が教えてあげる!!」と言われてしまいました。
    (新検見川校 粕谷 莉沙ちゃんのお母様)

    FRONTIER TIMES 2006 Autumn 

    楽しかったよ♪サマーキャンプ!

    毎年恒例のサマーキャンプ。今年は日帰り旅行を7/27(葛西水族館)&7/28(河口湖)の2日で行い、各校の外国人先生方と一緒にゲームやバーベキューを楽しみ、身近な日常会話をマスターするよいチャンスとなったようです。7/28の河口湖ではプリンセス天功さんより、突然のご招待で日本ではなかなか見ることが出来ないイリュージョンショーを体験できました。また、オリエンテーリングでは英語だけでなく、子どもたちが協力しながら考えて行動し、チームワークの大切さを学びました。参加したこどもたちや保護者の方に感想を伺ってみました!

    ★今回、はじめて親からはなれ、ひとりでの参加でした。当日をむかえる前から楽しみにしていたし、帰宅後も体全身から興奮が伝わってきてとても楽しく過ごせたことが実感できました。また、バスの時刻が遅れましたが、夕食にバーガーをごちそうになり、スタッフの方の心遣いが嬉しく思う日でした。

    ★いろいろな魚の名前が英語でわかってよかった!
    ★とてもすごいマジックでした!もっとプリンセス天功に出てほしかったです。すごかった。
    ★楽しかったです。カードにかくれた動物を英語であてるクイズで、あまりわからなかったのでくやしかったです。
    ★先生方が焼いてくれたお肉はとても美味しかったようです。
    ★BBQは大変おいしかったそうです。また皆さんにつられて嫌いなピーマンが食べられるようになりました。ありがとうございます。

    ★チームをつくってゲームをして、リーダーになれたので、友達ができました。嬉しかったです。 キャンプはとても気持ちよかったです。

    ※サマーキャンプのお写真は、ホームページにある生徒専用ページからご覧下さい。http://www.frontier-english.jp/

    FRONTIER TIMES 2006 Summer 

    FRONTIER NEWS Vol.21 

    息子の成長に涙!
    心で通じ合うこと・家族の大切さを再認識!

    春号でご紹介した稲毛海岸校の甲州優太くん(小3)。
    今年1月にニュージーランドへ2週間ホームステイをしてきた体験を通して、お母さまから感想を伺ってみました。

     もともと「留学してみたい」と言い出したのは本人でした。母としてはなかなか決断できず、何度も諦めさせようとしましたが、優太本人の決意は固く、出発する時まで一度たりとも「やっぱりやめたい」などと弱気な言葉はありませんでした。「じゃあ」と振り向きもせずに旅立った背中に、頼もしいやら寂しいやら、「負けた…」と思いました。

    現地に到着してすぐと、2週間後に2度ほど電話がありましたが、2度目の時は寂しさを隠しているのが声から伝わって来て、涙が出てしまいましたが、私も元気にあっさりとした電話にせねばと、とても辛かったです。帰国後も誰に何と聞かれても「楽しかったよ」と答えていましたが、なんとなく、そうでは無かったのではと思い始め、時間をかけていろいろと聞いてみました。

     ホストファミリーのご両親や、ご友人の大人の方々には本当に良くして頂いたようですが、お子さん達とのコミュニケーションをとることにとても苦心したそうです。自分よりも年下の、しかも姉妹でしたので、気持ちが通じづらかったのでしょう。本人は楽しいこと、歓迎されることしかイメージしていなかったので、本当に辛かったようです。でも、愛犬や優しいお父さんに助けられ、2週間新しい発見や感動もたくさんでき、外国での文化の違いや、考え方の違い、言葉が通じずとも心と心で通じ合えること、家族の大切さ、何かをやり遂げる難しさなどを学んできたようです。残された私たち家族も家族の大切さ、ありがたみなどを再認識することができました。

     帰国して、3ヶ月が経ち発音などは、正直だんだん戻ってきてしまっていますが、彼はぐんと成長しました。日々の様子で明らかに違いが分かります。最近「また行きたい」と聞いてみたら「今度は同い年の子がいて、ちゃんと学校に行ってみたい」と言っていました。

     9歳でのチャレンジは大成功だったと思います。

    (甲州優太くんのお母さま)

    FRONTIER NEWS Vol.21 

    甲州優太くんにインタビューしてみました!

    1.ホストファミリーとの間で決めたファミリールールはなぁに?

    皿洗い、掃除などのお手伝いをすること

    2.ホストファミリー・学校で苦労したことや困ったことはあった?

    英語が上手に話せなくて、姉妹とコミュニケーションがとれなかった事。聞くことはできたのだけど、話すことがうまくできなくて困りました。

    3.滞在中にいくらぐらいお小遣いを使ったの?

    約20ドル

    4.どのようなお土産を持っていったの?どのようなお土産が喜ばれた?

    姉妹はキャラクターの書いてあるおかしが喜びました。

    5.ホストファミリーの家族構成は?

    お父さん、お母さん、子供2人(姉妹)です。

    6.どんなホストファミリーだった?

    とても親切でやさしい人たちでした。

    7.一日のスケジュールを教えて!

    AM 6:00 起床
      朝食まで犬と遊ぶ
    8:00 朝食
    8:30 エディさんの仕事の手伝い
    PM 3:00 帰宅
      夕食まで遊ぶ
    6:00 夕食
    6:30 おふろ
    7:00 就寝

    8.家庭ではどのようなお手伝いをした?

    自分の部屋は自分できれいにする事。

    9.日本や日本人について、どのようなことを尋ねられた?

    ききとれませんでした。

    10.一人で参加することに不安はなかった?実際に一人で参加してみて、どうだった?

    思っていたよりもちょっとつらかったけど、楽しい2週間でした。

    11.今後、一人で参加する人達に「出発前にこれだけはやっておいた方はいい」などメッセージがあったら教えて!

    もし、英会話を習っているのであれば、1回のレッスンを楽しく頑張ればいいと思います。ぼくは言葉があまり通じなかったけど、表情と心があれば外国の人と心が通じ合えるし、どこへでも行けると思います。

    12.グループによるホームステイプログラムではなく、何故、一人で参加するプログラムに参加しようと決めたの?

    一人でも行けると思ったから。


    FRONTIER NEWS Vol.21 

    2006年度 サマーキャンプ参加者募集中!

    毎年恒例のサマーキャンプ。
    今年は日帰り旅行を7/27&7/28の二日間ご用意しましたので、どちらかご都合の良い日を選んで参加することが出来ます。
    教室から離れたアウトドアで、身近な日常会話をマスターするよいチャンスになると思います。一日丸ごと各校の外国人先生方と一緒に楽しく過ごしましょう。
    外国人講師・スタッフ一同、皆様の参加を心よりお待ちしております。
    参加希望者は各校フロントまで!(※定員になり次第締め切らせていただきます)

    7/27(木)葛西臨海公園
    ※バーベキューランチ付き
    7/28(金)森と湖の楽園&河口湖SHOW園 ※バーベキューランチ付き
    対象
    幼稚園年長~中学生 子供~大人まで(親子で参加できます) ※ただし、保護者が付き添わない場合は年長さんからです
    費用

    内部生 ¥5,250
    外部生 ¥6,300(全て税込み)

    4 歳から ¥10,500
    高校生から ¥12,600(全て税込み)

    ※3歳までは無料(ただしバスのシートがないのでお膝の上になります)
    定員
    各コース30名
    交通手段
    電車
    貸し切りバス
    参加スタッフ
    ディビッド・ロビン・ポール・マーク・ニコラス・後藤・林・鳥居

    2005年度サマーキャンプ写真集は、ホームページからご覧になれます。その際、パスワードが必要となります。 サマーキャンプ写真集はこちら


    FRONTIER NEWS Vol.21 

    講 師 紹 介

    フロンティア名物の先生をご紹介します。
    気軽に声をかけて仲良くなろう! みんなよろしくね!

    ★Paul先生★

    My name is Paul Doucette.

    I’m from Prince Edward Island, Canada, home of Anne of Green Gables. I have been living in Japan for 14years and teaching for 17years. I love Cappa Sushi, hot springs, and traveling. 

    Let’s have fun in English class together!

    私の名前はポール・デュセットです。
    私は赤毛のアンで有名なプリンスエドワード島からやってきました。日本に来て14年、講師は17年やっています。好きなものはカッパ寿司、温泉、そして旅行です。一緒に英語のレッスンを楽しみましょう!


    ★Robin先生★

    おしゃべり大好き!
    カナダ出身のロビン・パーカー先生は、頼もしく優しい先生。
    顔は丸顔、背は高からず低からず、お腹の周りにはちょっと余分なお肉が・・・。ロビン先生いわく、日本の食事があまりにもおいしいのでつい食べ過ぎてしまうとか。好物はお刺身。苦手なものは納豆。好きなスポーツはアイスホッケー、スキューバダイビングにスキー。
    生徒さんが授業に飽きずに興味を持ってもらうよう、いろいろな工夫をするのが大好きな先生です。休み時間には進んで生徒さんに声をかけ、リラックスさせています。

    まだロビン先生に会ったことのない人は想像してみてくださいね。

     

    FRONTIER NEWS Vol.21 

    子育て(教育)相談会のお知らせ

    フロンティアでは、オプショナルサービスの一つとして、7月より毎月1回、子育て(教育)相談会を開催することになりました。

    第1回目は7月29日(土)1:30~5:00 新検見川校で行います。相談会担当講師は、千葉大和高等学院 後藤康夫校長先生です。子供が言うことを聞かない。子育てが思い通りいかない。最近、学校に行きたがらない。など、悩んでいる方、お子様の年齢・学年に関わらず、お気軽にご来校ください。相談会は予約制となりますので、下記までご連絡ください。尚、相談会は仲良しお母様同士のグループ相談、個別相談どちらでも対応いたします。

    連絡先:043-272-0043(新検見川校)

    FRONTIER NEWS Vol.21 

    「聞く力」・「読む力」がついてきた!

    オプショナルレッスンのひとつに「リーディング・コンテスト」があります。
    準備された小さな本を1冊ずつ読んでいき、40冊を読破すると・・・いつの間にか、英語が読めるようになっているのです。No.40の本を終了すると、それを家に持ち帰り保護者の方の前で読んで聞かせることになっています。今回レッスンを終了された生徒さんの保護者の方の声を伺ってみましょう。

    とても上手にリーディングができました。何度か児童英検を受けさせて頂いて「聞く力」がついているなと、日頃感じて居ましたが、毎週少しずつリーディングを指導して頂いて「読む力」もしっかりついてきました。先生方、スタッフの皆様のきめ細かい愛情あふれるレッスンのお陰だと心より感謝しています。今後ともよろしくお願い致します。

    海浜幕張校
       
     

    英語を始めてから、ずい分になります。レッスンの時以外はあまり触れる機会はありませんが、継続していれば少しずつでも成長し、身についているのだと思いました。いつも丁寧なご指導ありがとうございます。

    海浜幕張校 安達周平くんのお母さま

     

    FRONTIER NEWS Vol.21 

    Congratulations! 英検合格!

    2005年第3回(1月実施)(敬称略・順不同)

    海浜幕張校 3級 小2(1人)、準2級 小5(1人)
    都賀校

    5級 小5(2人)、4級 中1(2人)
    準2級 中2(1人)高1(1人)、2級 高2(1人)

    新検見川校 3級 中1(1人)中2(2人)
    鹿島田校 2級 中1(1人)

    FRONTIER NEWS Vol.21 

    オプショナルレッスンのご案内

    基本的に自主学習形式ですが、必要に応じて、スタッフや講師がヘルプ・チェックをしていきます。

    ~内  容~

    1. フォニックスのルールに基づいて英語の本を読む(Mit Mat)
    2. 単語カードで単語力を増やす

    FRONTIER NEWS Vol.21 

    がんばったね、皆勤賞ゲット♪

    (2005年10月~2006年3月末 敬称略)

    稲毛海岸校 K.Y Y.Y I.K K.G
    京成大久保校 O.H F.H M.Y M.N H.K T.R K.K T.S T.Y F.K S.T M.Y C.S N.R N.K
    新検見川校 S.N T.Y T.T F.Y U.Y N.Y A.R S.A T.K H.Y T.M
    鹿島田校 C.S A.H A.Y I.Y S.M K.I

     

    FRONTIER NEWS Vol.21 

    児童英検チャレンジャー!

    2006年度 第1回

    稲毛海岸校
     
    ゴールド 小3(2名)、小4(2名)
    シルバー 小2(3名)、小3(1名)
    ブロンズ 小2(3名
     
    鹿島田校
     
    ゴールド 小3(1名)
    シルバー 小1(3名)、小2(1名)、小3(1名)小5(1名)
    ブロンズ 年長(1名)、小1(1名)、小2(2名)、小3(1名)小4(2名)
     
    新検見川校
     
    シルバー 小2(2名)、小3(3名)、小4(3名)
    ブロンズ 小1(6名)、小3(2名)、小5(1名)、小6(1名)
     
    京成大久保校
     
    シルバー 小1(1名)、小2(1名)、小3(1名)、小5(2名)
    ブロンズ 年長(1名)、小1(3名)、小2(1名)、鈴木希、小3(1名)、小4(2名)、小5(1名)
     
    若松幼稚園(課外クラス) 
    ブロンズ 年長(6名) 小1(3名) 小2(1名)
     


    FRONTIER NEWS Vol.21 

    WEEKLYで学んだ単語

    10月
    mushroom
    maple leaf
    acorn
    Jack o' lantern
    11月
    squirrel
    owl
    lady bug
    bee
    12月
    christmas present
    candle
    reindeer
    christmas cake
    1月
    polar bear
    pig
    camel
    air balloon
    2月
    unicycle
    submarine
    doctor
    fire fighter
    3月
    barber
    steak
    sunny side up
    salad


    FRONTIER NEWS Vol.21 

    FRONTIER NEWS Vol.20 

    TOEICで845点取得!

    京成大久保校の生徒さんが、TOEICで845点という高得点を取得しました。
    京成大久保校のスタッフに、この方のことを伺ってみました。

     

    どう勉強したのでしょうか?

    主にTOEIC用の問題集を使いました。
    それだけでなく、興味のある分野について英語で書かれた本を読んでいました。
    そうすると、先の内容が早く知りたくなるので、たくさんの英文を読むし、その中から知らなかった表現や単語を学べることがあるので、良かったと思います。

    フロンティアを選んだ理由

    いくつかのスクールを見に行った中で、フロントの方の対応が一番良くて、安心できたからです。スクールが大規模すぎないこと、自宅からそれほど遠くないことも選んだ理由です。

    中高生の方へのメッセージ

    私もまだまだできないことがたくさんあるので、偉そうなことは言えませんが、自分が「楽しい」と感じる方法で勉強していけばよいと思います。よく、少しずつでも毎日続けるのが良いと言われますが、それはなかなか大変です。あまり気分が乗らないときは、無理せず、またやりたくなった時に頑張れば良いのではないでしょうか。


    リトミックを中心に展開。幼児からの英会話教室。フロンティア外語学院imgこの方は成田空港で働いており、平成16年の9月からフロンティアでプライベートレッスンを取って頂いています。初めてTOEICを受けたのは、5年位前の大学生の時で、点数は615点だったそうです。その後2回ほど受けましたが結果はあまりよくなかったそうです。それがフロンティアでレッスンを始めた1年後の、去年の9月に受けた試験で、845点という高得点をマークされました。もちろん、ご本人の努力の結果ですが、フロンティアとのいい出会いがあったからとの言葉をいただき、スタッフも嬉しく思っています。(京成大久保校 柳マネージャー談)

    FRONTIER NEWS Vol.20 

    おめでとう!英検準1級合格!

    リトミックを中心に展開。幼児からの英会話教室。フロンティア外語学院img京成大久保校の生徒、池田琴美さん(高3)は去年秋実施の英検で、見事準1級に合格しました。幼稚園の頃から英会話を学び、小学校1年生の夏からフロンティアに通い始めて、現在で9年目です。大学も外国語学部言語文学科に合格し、将来は大好きな英語を生かした仕事につくのが夢だそうです。担任のRobin先生からは、このようなお褒めの言葉も頂いております。

    そんな琴美さんに、英検合格の勉強法を聞いてみました。


    英検準1級合格によせて

    京成大久保校 池田琴美(高3)


    私は、秋の試験で英検準一級に合格することができました。そのときの勉強方法を、皆さんに紹介したいと思います。どうやって勉強したらいいのか分からず困っている方は、参考にしてみてください。

     勉強の基本は「書くこと」ではないかと私は思います。会話の勉強ももちろん大切ですが、しゃべっただけではなかなか頭に入りません。ですから、英検のテキストや学校の教科書に載っている英文をきちんと訳し、理解したら何度も何度も書き写してください。その英文の場面を頭の中でイメージし、声に出して読みながら書き写してください。手と頭と口の3つをフル活用するのです。最初は「そんなの面倒くさくてやりたくない!」と思うかもしれないけれど、これをまじめにやれば、絶対に力がつきます!私が保証します!

     手が疲れたら、休んでいる間、ちょっと想像してみてください。フロンティアの先生方や世界中の人たちと、英語でかっこよく会話している自分のことを。そして、考えてみてください。世界には、勉強したくても学校に行かれず、生きていくために働かなくてはいけない子供たちがたくさんいるということを。彼らは、自分の国の言葉でさえ読み書きできないのです。

    リトミックを中心に展開。幼児からの英会話教室。フロンティア外語学院img 私から皆さんにお願いがあります。何よりもまず、こうしていろいろな勉強ができることに感謝してください。勉強だけが人生ではないけれど、世界のことを何もしらない大人にだけはならないでください。英語ができると、たくさんの国の人たちと話ができます。たくさんの国で、たくさんの人たちと、たくさん話して、たくさんのことを経験してください。そして、広い視野で世界を見渡せる、大きな人間になってください。皆さんには、それができます。私もまだまだ勉強しなくてはなりません。これからも一緒にがんばっていきましょう!


    FRONTIER NEWS Vol.20 

    Congratulations!英検合格! 合格者77名!

    (敬称略)

    海浜幕張校
     
    2005年10月実施
    5級
    前野裕美(小4)栗原恵(小6)土屋淳志(中1)
    4級
    山下裕奈(小2)高橋美央(小5)荘司さん(一般)
    3級
    櫛渕花(小2)佐久間翔(中2)
    準2級
    櫛渕花(小2)阿部愛衣(小3)
     
    2006年1月実施
    5級
    鎌田朋希(小4)瀧本裕美(小5)小森菜美(小6)
    4級
    藤井すみれ(小4)前野裕美(小4)平田優子(小5)
     
    都賀校
     
    2005年10月実施
    5級
    三ツ橋咲紀子(小6)河津美琴(中1)松井成吾(中1)
    3級
    千葉亮太(中3)林寛樹(中3)
    準2級
    白石知也(高2)
     
    2006年1月実施
    5級
    草宮脩一(小5)篠崎杏樹(小5)
    4級
    石川弘之(中1)植田雄磨(中1)橋浦優(中1)
     
    新検見川校
     
    2005年10月実施
    5級
    楠神史彬(小4)柳澤舞花(小5)鈴木千晶(小5)井熊千咲都(小6)
    4級
    手島崇之(中2)
    準2級
    松岡瑞季(中2)佐藤亜季野(中3)篠崎禎甫(中3)
     
    2006年1月実施
    5級
    中村明希(小4)宮間敦士(小5)岩堀智紀(小6)
    4級
    佐藤遥香(中1)和泉茜(中1)
     
    鹿島田校
     
    2005年10月実施
    5級
    小室いちご(小6)荻野友佳(小6)
    3級
    新井瞳(中3)西方一馬(中3)
    準2級
    伊藤麻美(中3)三井直也(中3)臼井萌子(高1)
     
    2006年1月実施
    5級
    木全弘樹(小2)大隅志重(小4)本山夏波(小5)古賀由香里(小5)
    小畑彩絵(小5)加藤未来(小6)中山知沙(中1)飯村一碩(中1)
    4級
    大澤ユリア(小4)
    3級
    石丸芽衣(中1)
     
    京成大久保校
     
    2005年10月実施
    4級
    小池快(小6)片岡昴大(中2)石井那奈(中1)
    準2級
    桑原真琴(中3)桑原渉(高2)
    準1級
    池田琴美(高3)
     
    2006年1月実施
    5級
    中村絢音(小5)田中聡史(小6)南茂彩(小6)熊田原果奈(小6)
    越川麻衣(小6)中村祐子(小6)橘内優一(小6)足立菜摘(小6)
    塚本有紗(小6)森川祐亮(小6)間中勇輝(小6)山村駿(小6)
    4級
    鹿内永美果(中1)鈴木晶恵(中1)
     

    FRONTIER NEWS Vol.20 

    ホームステイ体験談

    稲毛海岸校のレッスン歴5年になる甲州優太くん(小3)が、今年1月に1人で真夏のNew Zealand(以下NZ)へ2週間ホームステイしてきました。

    優太君のホームスティ体験談
    リトミックを中心に展開。幼児からの英会話教室。フロンティア外語学院img初めての海外で、しかも1人旅は全然平気だった。だけど、最初にNZに着いたときはとてもドキドキした。でも、NZの人たちはとても親切だし、太陽がまぶしい位のお天気の日が続いて、鬼ごっこやラグビーや乗馬をして、とても楽しかった!ラム肉とはちみつがとてもおいしかった。だけど、スープを吸い込ませたラーメンは正直言ってまずくて驚いた。動物の数と星の美しさは、NZにはかなわない。でもお風呂は、湯船がある日本のお風呂のほうがいいと思った。日本では水は右回りに流れるけど、NZは左回りに流れて面白かった。あと、行く前は気楽だったけど、行くと英語でうまくコミュニケーションがとれなくて、結構つらいこともあって困った。だから、レッスンはちゃんとした方がいいと思った。絶対また、NZへ行きたい!あと、カナダにも行ってみたい!

    David先生から

    リトミックを中心に展開。幼児からの英会話教室。フロンティア外語学院img優太は質問もちゃんと理解して他の生徒も助けていて、本当にHe is great!全然シャイじゃなくて、いつも積極的に話しているよ!これからも頑張ってね!


    いい経験をたくさんして、帰国後ますますたくましくなった優太くん!これからもしっかり楽しく英語を勉強して、空手を教えながら通訳になる夢をぜひかなえてね!Good luck!


    FRONTIER NEWS Vol.20 

    フロンティア稲毛海岸校が1月から、東京ビバリー学院として
    スタートしました!

    今まで通り外国人講師による英会話クラスもあるので、ご安心下さい。 TOEFLではCBT形式(Computer Based Testing)も導入されパソコンによる入力も可能になりました。時代はすでにパソコン必須です!そこで、東京ビバリー学院オリジナル学習システム☆4ステップで確実に覚えよう!

    L(Listen聞く)・S (Speak話す)・T(Type打つ)・L(Learn覚える)

    ディクテーション方式で、耳で英語を聞いて入力すると単語が読み書き出来るようになり、確実に学力アップにつながります。各種検定も受けられるので目標も出来ますよ!さぁ、みんなで楽しく学びながらパソコンと英会話の両方のスキルを手に入れましょう!
    東京ビバリー学院ただ今、無料体験レッスン実施中!お友達と一緒に来てね!
    詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい♪ 
    043-247-0876 稲毛海岸校(担当:やなとり ひろこ)

    FRONTIER NEWS Vol.20 

    ホームステイも、フロンティアにお任せ下さい!

    留学・ホームステイのことなら、フロンティアが窓口になっている日米留学協会をご利用ください。最近、流行りの親子ホームステイでは、幼稚園や小学校に体験入学できるプログラムもたくさんあります。滞在国は、オーストラリア、カナダ、ハワイ、ニュージーランド、イギリスなど。トラベルローンも利用できますので、安心です。



    FRONTIER NEWS Vol.20 

    この夏休み、親子留学体験してみませんか?
    ~ 親子で行く ホームステイプログラムのご紹介 ~

    海外での生活体験は視野を広げ異文化コミュニケーションを学ぶ絶好の機会となります。「親子で行くホームステイプログラム」はお子様とその保護者お二人で生活体験するプログラム。28年間の実績があるFES日米留学協会のサポートで、安心してご参加ください。

    ★ 親子で行く 幼稚園体験入園/小学校体験入学プログラム

    親子でホームステイしながら、お子様、お母様ともにホームステイ先でホストファミリーからマンツーマン英語レッスンを受けます。

    ★ 親子で行く マンツーマン英語レッスンプログラム

    親子でホームステイしながら、お子様、お母様ともにホームステイ先でホストファミリーからマンツーマン英語レッスンを受けます。

    ★ 親子で行く 語学学校英語レッスンプログラム

    親子でホームステイしながら、お子様、お母様ともに語学学校で英語レッスンを受けます。

    ★ お子様単独参加!マンツーマン英語レッスンプログラム

    小学校3年生以上のお子様が単独で参加できるプログラム。ホームステイをしながらホストファミリーからマンツーマン英語レッスンを受けます。現地スタッフ、ホストファミリーが、現地到着から帰国までしっかりときめ細かいサポートを行います。

    ★ サマーキャンププログラム

    夏休み用に特別企画されたサマーキャンププログラムを最新の情報とともにご紹介いたします。

    ここがオススメ!

    • お好きな国が選べます!
      オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリス、アメリカ(ハワイ)
    • 出発時期や期間もご希望通り!(1週間から参加可能)
    • 安心のサポート体制!
      現地日本人担当者が24時間体制でしっかりサポート

    インフォメーション

    • お母様の語学絵学校英語レッスンは強制ではありません。
      ご趣味(テニス、ゴルフ、ダンスなど)に合わせた内容への変更も可能です。
    • ご出発前にオリエンテーションを実地皆さんのはじめてのホームステイ体験を
      バックアップいたします。
    フロンティア外語学院は、日米留学協会の窓口です!
    ご不明な点、ご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい
    FES日米留学協会
    〒102-0083 東京都千代田区麹町4-5第八麹町ビル4F
    TEL:03-3234-0161 FAX:03-3238-9280
     

    FRONTIER NEWS Vol.20 

    フィリピンで、実践的英語を!

    リトミックを中心に展開。幼児からの英会話教室。フロンティア外語学院img真砂に住む、あずきちゃん(中2)は、以前夏休みに4日間、フィリピンにホームステイしてきました。このイベントは千葉青年会議所と、その姉妹関係にあるフィリピンのケソン青年会議所が開催したものです。みずきちゃんは幼稚園のころから小5までずっと、海浜幕張校で外国人講師のレッスンを受けてきました。現在は新検見川校で河田先生の文法クラスとジョージーナ先生の英会話クラスを受けています。以来、小5で英検5級、小6で英検4級、中1で英検3級と順調に英語力をつけ、なんと中2で準2級を合格することができました。

    あずきちゃんの談話

    リトミックを中心に展開。幼児からの英会話教室。フロンティア外語学院imgフィリピンのホームステイ先は、5人家族。お父さんはインコなど鳥のブリーダーをしていて、とても大きな家です。子供たちは全員男の子で、小学生、高校生、社会人ですが、3人それぞれにお手伝いさんがついているのでびっくりしました。皆でタガイタイシティーに、運転手さんつきの車で行って火山を見ました。火山はとってもきれいでした。途中でココナッツを買って、ストローで中のジュースを飲んだらおいしかった!!
    フィリピンの食事はちょっと不思議でした。お皿にご飯がプリンのように盛り付けてあって、スープをかけて食べました。エビが入っていて甘辛かったです。ちょっとクセがありました。お風呂はシャワーだけだったので、驚きました。でも、一年中暑いから、そういうものなのかな、と思いました。
    リトミックを中心に展開。幼児からの英会話教室。フロンティア外語学院imgフィリピンで使う言葉はタガログ語ですが、小学校から英語を勉強するので、ほとんどの人は英語が上手に話せます。家の中では全部英語だったし、モールでおみやげを買ったりした時も英語を使いました。小さいころから英語を勉強してきたので、普段の会話で困ることはありませんでした。でも、電話で英語を聞き取るのは難しかったです。

    FRONTIER NEWS Vol.20 

    児童英検チャレンジャー!

    都賀校
     
    ゴールド 草宮脩一(小5)篠崎杏樹(小5)水戸香菜子(小6)
    山村彩絵(小6)
    シルバー 千葉悠介(小5)中川百合(小6)早川衛(小6)
    ブロンズ

    長谷川司(小2)田野裕介(小3)鈴木香菜(小4)橋浦美優(小5)
    早川航(小4)藤沼樹生(小4)松山真菜(小4)安田秀華(小4)
    安田美賢(小4)

     
    新検見川校
     
    シルバー 牧大輔(小4)倉持真衣(小5)高橋優(小6)
    ブロンズ 松村健太郎(小2)高橋佑貴(小2)
     
    鹿島田校
     
    第1回
    ゴールド 冨岡悠人(小4)
    シルバー

    秋谷優香(小3)木村光(小4)小沢里奈(小4)大隈志重(小4)
    加藤未来(小6)

    ブロンズ

    松本麻海(小1)佐々木春菜(小2)小林圭子(小3)
    佐久間美結(小4)佐野瑛亮(小4)

       
    第3回
    ゴールド 秋谷優香(小3)冨岡悠人(小4)
     
    稲毛海岸校
     
    ゴールド 宇野純一(小3)小出あゆみ(小4)吉野真珠美(小4)
    シルバー 高橋彩夏(小1)今野夢子(小3)甲州優太(小3)加藤諒(小3)
    石井健太(小5)
    ブロンズ 今野優作(小1)渡邊寛悠(小2)深川瑞穂(小2)小池祐作(小2)
    吉田泰隆(小5)


    FRONTIER NEWS Vol.20 

    がんばったね、皆勤賞ゲット
    (2005年4月~9月末 敬称略)

    京成大久保校
    鈴木栄一 木村琢人 椋里紗 中村絢音 塩川嵩也 大栄あずさ 刑部智弘
    小池快 石島理央 橘内優一 鈴木翔大 鈴木希  須藤孝太 小山内礼紗 
    千葉志織 村上智哉 間中勇輝
     
    都賀校

    小泉俊介 宮奥景太 石垣智崇 大塚博仁 早川航 早川衛 鈴木菜摘
    鈴木香菜 篠崎杏樹 石垣圭菜 中川百合 水戸香菜子 藤沼樹生 
    水戸日向子 橋浦美優 野口真紀 野島麗奈 久野樹里亜 奥村拓矢
    奥村裕介 村山彩絵

     
    新検見川校

    井熊千咲都 佐々木夏葉 小原茉弥 福嶋友希 中村明希 牧凌平 岩堀友香山川莉輝 岩堀智紀 長谷川翼 篠島あゆみ 遠山千晴 渡辺由梨

     
    稲毛海岸校
    石井健太 吉田泰隆 小林豪人 吉野真珠美 岩下 平 加藤諒 坂上舞 
    小池祐作 川島七海 楢原航太 寺村駿希 加藤圭悟 陳淵之 川片一徹


    FRONTIER NEWS Vol.20 

    WEEKLYで学んだ単語

    4月
    spring
    cherry blossom
    rose
    violet
    5月
    tulip
    triangle
    scissors
    eraser
    6月
    calculator
    watch
    clock
    puddle
    7月
    fireworks
    summer
    morning glory
    tube
    8月
    ship
    goldfish
    cicada
    dragonfly
    9月
    pear
    grapes
    persimmon
    chestnuts


    FRONTIER NEWS Vol.20 

    [新規開講] フロンティア外語学院 船橋校開講!

    お待たせしました!
    今、話題の、楽しく確実に身につくフロンティアの英会話レッスンが、いろいろなところで受講できます!!  是非、お近くに友達がいらしたら、ご紹介下さいね。

    [新規開講] フロンティア外語学院 船橋校
    船橋市本町2-23-22
    047-436-4439
     
    カルチャーセンター
    美浜カルチャーセンター(京葉線・検見川浜)
    0120-66-5432
    稲毛海岸カルチャーセンター(京葉線・稲毛海岸)
    0120-078-711
    ヨークカルチャーセンター新浦安店(京葉線・新浦安)
    0120-304-222
    ヨークカルチャーセンター八柱店(武蔵野線・新八柱)
    047-385-2321
    津田沼パルコカルチャーセンター(総武線津田沼駅)
    0120-201-666
    四街道カルチャーセンター(総武本線・成田線・四街道)
    043-421-6001
    鎌取カルチャーセンター(外房線 鎌取)
    043-226-9300
    東急あすみが丘カルチャーセンター(外房線土気駅)
    043-205-7031


    FRONTIER NEWS Vol.20 

    FRONTIER TIMES 2005 Autumn
     
    シンガポールの日本人学校
     

    :: フロンティア外語学院 :: リトミックを中心に展開、幼児からの英会話教室、フロンティア外語学院imgアジアでも非常に美しく、清潔な国、シンガポールの日本人小学校について学ぶ機会があった。国外にある日本人学校は約90校あるが、そのなかでも2番目の大規模校である。だが90年以上前の1912年に開校したときは、教員1名、児童わずか28名だったという。

    ここでは3年ほどで親の転勤のため転校をする率が高く、卒業までの6年間をシンガポールで過ごす児童は非常に少ない。そのため生徒がいつ日本に帰っても困らないように、日本国内と同様の教育が展開されており、しかも英語教育やIT教育が非常に充実している。

    英語のクラスは全学年を学力によって9レベルに分け(各10~12人)、週4時間をあてている。レベル9は、日常会話2級程度である。教師は欧米人のネイティブではなく、地元シンガポール人。「使える英語」に重点をおいて教える。さらに、4年生までの音楽の授業や、2年生以上のプールの授業でも、インストラクターは英語で教えるそうだ。

    このように、日本国内と比べるとシンガポールでは英語に触れる機会がずっと多い。とは言え、学校内で日常使う言語は日本語であり、家庭で見るテレビ番組も日本の番組が中心になっている。また学校~塾~家庭といった日本語だけで過ごす環境のため、現地校との交流でも英語力がネックとなり、思うほどの交流ができないのが現状だ。国外で教育を受けている利点が充分に活かしきれていないようで、ちょっと残念。

    ところで、アルファベットを教える場合、大文字から教えるか、小文字から教えるか、それとも両方同時に教えるかの3通りあるが、それぞれ利点がある。先生方もさまざまな意見があるが、現在フロンティアは、同時に教えるようになっている。シンガポールの地元の幼稚園を見学したところ、アルファベットは大文字と小文字を同時に教えていた。

    ちなみに、シンガポールの地元の小学校でIT教育を見学したところ、6年生になるとホームページを作ったり、パワーポイントでプレゼンできるようになるそうだ。IT教育先進国とあって、パソコン台数も124台と恵まれている。これからの社会で欠かせない英語とコンピューターの両方の教育に力を入れているシンガポールに、日本が見習う点は多いかもしれない。

    鳥居 潤
     
    FRONTIER TIMES 2005 Autumn
     
    カナダの旅。英語体験、大成功!!
     

    :: フロンティア外語学院 :: リトミックを中心に展開、幼児からの英会話教室、フロンティア外語学院img新検見川校の生徒、S.N.さんは、江戸川女子高校の2年生。学校の行事で5月下旬に8泊10日のカナダ旅行に行ってきましたので、インタビューしたものをまとめてみました。

    英語科の生徒はニュージーランドかイギリスに行くのですが、普通科はカナダです。1学年は400人なので200人ずつに別れて行き、2人ひと組でホームステイが2泊、あとはホテルに泊まりました。私は初めての海外旅行なので、ワクワクでした!!カナダの西部にあるバンクーバー、ビクトリア、バンフなどを駆け足で観光しました。バスで横断したカナディアン・ロッキーは1億何千年も前の地殻変動でできたのですが、そのけた違いの大自然にはびっくり。コロンビア大氷原は、どちらを向いても銀色の世界でした。ブッチャート・ガーデンには、バラを始めいろいろな花がきれいに咲いていて、日本庭園もあったんですよ。見るもの全部が、新鮮で、楽しかったです!!

    :: フロンティア外語学院 :: リトミックを中心に展開、幼児からの英会話教室、フロンティア外語学院imgちょっと心配していた英語ですが、中学生の時からフロンティアで外国人の先生のレッスンを受けていたので、NO PROBLEMでした。外国人に違和感がまったくなかったし、外で食事をするときも、飛行機の中でも言っていることはだいたいわかったし・・・こちらも何とか言いたいことを伝えることができました。でも友達は英語に慣れていなかったので、ホームステイ先で泣き出してしまい、ちょっと焦りました。何かと私を頼りにしてきたので、英会話を習ってきて本当によかったなと思いました。空港の人に話しかけられたある先生は、何を言われているのかよくわからなかったようで、なんだかハラハラしてしまいました。先生、頑張って!という感じ。

    有名なクイーン・エリザベス・パークの近くにあるホームステイ先は、お母さんがインド系で、サウジアラビアの大学生が下宿していました。朝食はシリアルで、勝手に食べてね、と言われました。友達と話してみると、ホームステイ先によって扱いにかなりの差があるようでした。(フロンティア注:: フロンティア外語学院 :: リトミックを中心に展開、幼児からの英会話教室、フロンティア外語学院img:一度に100軒ものステイ先を探すのですから、差が出るのは無理ないことかもしれませんね~)

    ビクトリアはきれいな街ですよ。すっかり気に入っちゃいました!でも結構、忙しく駆け抜けた感じだったので、もう一度ゆっくり行ってみたいです。英語の自信がついたので、これからも頑張ります!

     
    FRONTIER TIMES 2005 Autumn
     

    まだ言葉が話せない赤ちゃんと、話せるなんて!!
    「ベビーサイン講座」inフロンティア

     

    :: フロンティア外語学院 :: リトミックを中心に展開、幼児からの英会話教室、フロンティア外語学院img赤ちゃんと会話ができたら、どんなに素敵でしょう!ベビーサインは、まだ言葉を話せない赤ちゃんと、簡単な手話やジェスチャーで気持を伝えあう方法です。アメリカでは15年ほど前から研究が始まり、10人に1人が育児に取入れています。『ミルクが欲しいな!』「手伝って!」「犬だ!」などなど、赤ちゃんが教えてくれるようになるのです。

    この話題の育児法、ベビーサインの講座がフロンティアで始まります。ベビーサインの驚きと感動の世界を、ぜひ、体験しましょう。ママも赤ちゃんも、フラストレーションが少なくなり、親子の絆がより深まります。生後6ヵ月~1才半のベビーとママにお勧めです。

    海浜幕張校、新検見川校、稲毛海岸校の各スクールでぜひトライアルを。
     
    FRONTIER TIMES 2005 Autumn
     

    1ヵ月分のお月謝が、なんと無料に!

     

    お月謝を年間払いにすると、1ヵ月分のお月謝が割引きになっちゃいます。つまり、11ヵ月分のお月謝を前払いするだけで、12ヵ月間レッスンが受けられます。なんと8.3%引きでとってもお得。

    なお、VISAカード、Masterカードでのお支払いもOK(カードでの支払は新検見川校にご来校いただくことになります)。ポイントも加算されて、ダブルでお得です。但し、原則として返金はできません。詳細は、フロントまで。
     
    FRONTIER TIMES 2005 Autumn
     

    力をつける無料リーディングコンテスト

     

    :: フロンティア外語学院 :: リトミックを中心に展開、幼児からの英会話教室、フロンティア外語学院img新検見川校の佐藤遥香さんは、40冊のリーディングを見事終了しましたので、お母さまの前で#40を読んでもらいました。

    お母さまの感想:初めて遥香の英語を聞きましたが、リズミカルに読めていました。これからも頑張ってくださいね。

     
    FRONTIER TIMES 2005 Autumn
     
    速報!!  TOEICの内容が変わります!
     

    世界共通テストのTOEICは、1979年に初めて実施されてすでに26年になります。言語能力に関する考え方などに対応するため、2006年5月からテスト内容を刷新することになりました。対策コースをご希望の方は、フロントにご相談ください。

    主な変更点は、下記のとおり。
    ●リスニングは、写真描写の問題を減らす。
    ●会話の問題では、設問数が1問から3問になる。
    ●北米英語に加え、英国、カナダ、オーストラリアの発音も採用する。
    ●リーディングでは誤聞訂正問題を廃止。
    ●新たに長文穴埋め問題、二つの文書を読んで答える問題が追加される。長文が増え、 より現実に即した実際的な英語能力をはかる内容に。

    難易度は変らず、現在と同じく10-990点で評価されます。
    TOEICを開発・制作する米国のテスト開発機関のスペシャリストからの次のようなアドバイスがあります。「スコアを上げるには、英語でメールを書いたり、ラジオで英語を聞く、雑誌を読むなど、1日に最低1時間以上、英語に触れるとよい。100時間勉強すると進歩がみられると言われており、週に1時間を100週より、週に10時間を10週、集中的に勉強する方が効果的」1日2時間、週に5日、2ヵ月半だけ集中して頑張りましょう!きっと成果がありますよ!
    ちなみに新検見川校の河田先生によると、一般的に英語は200時間勉強すると成果がでるとのこと。「フロンティアのレッスンは1レッスン50分、年間45回だから、単純計算で5年間くらい。石の上にも5年!!」と言います。継続は力なり、という言葉もありますね。

     
    FRONTIER TIMES 2005 Autumn
     

    四街道のカルチャーセンターでも開講!!

     

    フロンティアは各地のカルチャーセンターに外国人講師を派遣して英語のレッスンを行なってきましたが、おかげさまで10月より新たに四街道でも開講することになりました。どうぞ下記のなかから、お近くのお教室をお選びください。ぜひお友達も紹介してね!!

    ★四街道カルチャーセンター TEL. 043-421-6001
    ★美浜カルチャーセンター TEL. 0120-66-5432
    ★ヨークカルチャーセンター新浦安店 TEL. 0120-304-222
    ★ヨークカルチャーセンター八柱店 TEL. 047-385-2321
    ★津田沼パルコカルチャーセンター TEL. 0120-201-666
     
    FRONTIER TIMES 2005 Autumn
     
    おめでとう!! 皆勤賞
     
    ★前回、皆勤賞をゲットしたお友達が、もうひとりいました!新検見川校の佐々木夏葉ちゃん(小2)です。次回も皆勤賞をめざしてね★
     
    FRONTIER TIMES 2005 Autumn
    FRONTIER TIMES 2005 Autumn
     
    ホームステイなら、フロンティアに
     
    留学・ホームステイのことなら、フロンティアが窓口になっている日米留学協会をご利用ください。最近、流行りの親子ホームステイでは、幼稚園や小学校に体験入学できるプログラムもたくさんあります。トラベル・ローンも利用できますので、安心ですよ。

    フロンティア外語学院  http://www.frontier-english.jp/
    新検見川校 043-272-0043
    京成大久保校 047-493-3080
    海浜幕張校 043-213-0050
    稲毛海岸校 043-247-0876
    都賀校 043-255-9936
    鹿島田校 044-522-9944
     
    FRONTIER TIMES 2005 Autumn
    FRONTIER TIMES 2005 Spring
     

    アメリカ結婚式事情

    :: フロンティア外語学院 :: リトミックを中心に展開、幼児からの英会話教室、フロンティア外語学院img

    アメリカの結婚式は、じつに簡素でカジュアルなもの実際に参列した2つの結婚式を例にとると、だいたい次のようなものだった。

    ひとつはハワイでの結婚式。マウイ島のビーチで執り行われた。まず式の前日、両家の両親と本人たちの6名が初めて顔を合わせ、そこで食事を共にする。その後、夜から式の直前までは、新郎と新婦は顔を合わさないようにするのが習慣らしい。そして式当日を迎える。式場では牧師をはじめ、ハープを演奏する女性やカメラマンなどのスタンバイができ上がる。しかし、同じ場所で式を挙げているカップルがいて、予定時間を過ぎてからやっと自分たちの式が始まる。式の後は、参列者全員でディナーだ。

    アメリカでは、結婚式は女性側、ハネムーンは男性側が負担するという一応の決まりがあるそうだが、このカップルの場合、参列者総勢15名分のディナー以外はすべて本人達が支払った。式自体は、合計1,750ドル(19万円)とのこと。そしてそのままハワイでハネムーン。参列者はさっさと別行動で観光、という具合で全員がバケーションを楽しんだ。

    もうひとつの結婚式は、アリゾナ州で行なわれた。やはり前日の夕食はレストランで本人たちと両親の6名が共にする。当日は、新郎新婦の友人数名が付き添い人となり、式の前にもろもろの世話をやく。新婦側の友達は、準備されたお揃いのドレスを着ているのですぐわかる。式の後は、両家の家族や親族30―40人ほどが全員でビュッフェスタイルの食事。その後は、友人、知人、遠い親戚などを招待した軽食のパーティーとなる。

    :: フロンティア外語学院 :: リトミックを中心に展開、幼児からの英会話教室、フロンティア外語学院img人々が思い思いのプレゼントを手にやってくる。入口でサイン帳に記帳してひとこと書く。プレゼントは小切手だったり、食器だったり、バスタオルのセットだったり。新郎新婦と両親は一人ひとりと簡単なあいさつをしながら迎える。ゲストは会場に入って適当な席に座り、軽食を取ってきて食べながらおしゃべり。新郎新婦はテーブルの間を歩き回り、ゲストと話す。お馴染みのケーキカットがあるが、ケーキはフラットだった。お色直しはない。その後はいよいよダンスタイムで、新婦は父親と踊ることになっている。

    外では、友達が新郎新婦の車にいたずらをするのが恒例。時にはトイレットペーパーをまきつけたり、シェービングクリームを塗りたくったり、缶カラをつけたりと大騒ぎ。ゲストは2時間ほどで三々五々に帰り始め、新郎新婦もさっさと適当に切り上げる。そういえば、スピーチは誰もしなかったし、引き出物もない。日本に比べると実にカジュアルなパーティーであった。日米共通しているのは、この日ばかりは、花嫁が輝いていることだろう。
     
    FRONTIER TIMES 2005 Spring
     
    保護者の声

    もっと早くフロンティアに来ていればよかった

    フロンィアとの出合いは、高1、中1の息子ふたりの「英会話を習ってみたい」というひとことがきっかけでした。知り合いがフロンティアの新検見川校にいたため、自宅から少し離れていたけれど、新検見川校に通うことにしました。車でのお迎えが大変ではありますが、フロンティアに来て本当によかったとつくづく感じています。

    会話は外国人の先生で、ジョークを交えながら何度も繰り替えし発音の練習をしてくださり、いつもゲーム感覚で楽しく教えてくださったようです。文法は同じ学年同士が一緒のグループレッスンなので、お互いに刺激を受けながら、日本人の先生にしっかりと教えていただいてます。名物先生の河田先生は、ズバリと物を言う厳しい先生で、息子は時には悔しそうな表情で帰ってきますが、それでも河田先生がいいと言って頑張っています。

    長男も素晴らしい先生と出会い、数ヵ月後には、もっと早くフロンティアに来ていればよかったとつぶやきました。おかげさまで、現在、長男は進路も決まり、一時中断した英会話をまた始めようかと意欲をみせてきたところです。英検受験の際は、フロンティアには二次面接の現役の面接官の大田先生がいらっしゃるので、コツを教えていただきとても役立ったようです。

    また現在中学3年になった次男は、1月に準2級を受験し、二次面接も無事合格。本当にゼロからスタートした次男が、わずかな期間でここまで来れたのは先生方のおかげと感謝しています。フロンティアにお世話になってもうすぐ3年が過ぎようとしていますが、子供たちが自分で英語を習いたいと思った時期に、素晴らしい先生方と出会えたことは幸いでした。楽しみながら英語を学べることが、長続きする秘けつだと、つくづく実感しています。

                            新検見川校保護者  菅原由美子さん

     

    今度は、ベルギー赴任

    フロンティアには、海外赴任を経験した生徒さん・ご家族が何人もいらっしゃいますが、今回は、新検見川校ジャスティン先生クラスの古川静香ちゃん(5才)のお母さまにいろいろ伺ってみました。
    以前アメリカに住んでいたそうですが、最初はショッピングも大変だったけれど、さすがにだんだん慣れてきたとか。今度はベルギーへの転居が決っています。すでにさまざまな現地情報を得ていて、首都ブリュッセルでは公文が盛んで、子供チャレンジャーも人気があるようです。日本人の幼稚園は満杯状態なので、現地の幼稚園に入ることになるかもしれないとのこと。
    ベルギーは3つの国に囲まれ、さらに海の向こうはイギリス。立地条件から、フランス語をはじめオランダ語、ドイツ語、英語などさまざまな言語が飛び交うのが特徴です。不思議と、どの言語も、お互いに相手の言ってることはわかるようです。すごいですね!!

     
    FRONTIER TIMES 2005 Spring
     
    オプショナルレッスンで、伸びるんです。

    外国人講師による通常のレッスンに加えて、フロントで実施しているオプショナルレッスンがフロンティアの特徴の一つです。このオプショナルレッスンによって、早く、そして着実に英語力がつくと好評です。詳しくはフロントまでお尋ねください。

    1.語彙を増やすための「ウィ-クリ-」

    2.アルファベットが書けるようになるための「チャレンジABC」

    3.読めるようになるための「リーディング・コンテスト」

    4.会話の復習をする「センテンス・レビュー」

    5.テキストの英単語の読みと意味を復習する「ワード・リーディング」

    (スクールによっては一部行われていないものもあります)
     

    語が読めるなんて、感心しました!!

    :: フロンティア外語学院 :: リトミックを中心に展開、幼児からの英会話教室、フロンティア外語学院imgオプショナル・レッスンのひとつ「リーディング・コンテスト」は小さな本を1册ずつ読んでいき、40冊を読破すると・・・
    いつの間にか、英語が読めるようになっているのです。No.40の本を終了すると、それを家に持ち帰り保護者の方の前で読んで聞かせることになっています。
    保護者の方々の声をご紹介します。

    ●リーディングを聞きました。少したどたどしいものでしたが、一生懸命に単語を目で追っている姿、発音に気をつけようという姿勢はとてもほほえましく、うれしかったです。今後とも宜しくお願いいたします。
    海浜幕張校 内田昂佑(小5年)のお母さま
    ★昂佑君は1月に英検5級に合格しました!
    ●毎回練習した成果として、No.40のリーディングを聞かせてもらいました。No.1を始めた頃から比べれば大変上達したものと感心しています。本人も英語が好きになっているようです。これも講師、スタッフ各位のご尽力と感謝しています。
    海浜幕張校 梅田祐希君(小2)のお父さま

    ィークリーで習った単語
    10月 fall skeleton clown ghosts sofa
    11月 aquarium lamp bookshelf winter
    12月 Christmas wreath reindeer Santa Claus
    1月 snowman snowflake moon sun
    2月 star earth lake river
    3月 mountain refrigerator stove kitchen sink
     
    FRONTIER TIMES 2005 Spring
     

    スクール紹介

     
    陽気な、京成大久保校
    :: フロンティア外語学院 :: リトミックを中心に展開、幼児からの英会話教室、フロンティア外語学院img京成大久保駅から徒歩1分、活気ある商店街の入口からすぐのところにある京成大久保校。人通りの多い商店街にあるので、親御さんが安心して子どもを通わせられるようです。日本大学と東邦大学の2つの大学を抱える文教地区だけに、教育に熱心なお母さま方が多いスクールです。 外国人講師は、Brian先生、Ben先生、Jonathan先生、Justin先生。いずれも子どもが大好きな陽気な先生たち。楽しくレッスンを進めていますので、幼児クラスからはいつも笑い声が絶えません。そして夕方になれば小学生の子どもたちが元気よく階段をかけ昇ってくる音が聞こえてきます。子どもたちの元気な声にパワーをもらい、我々スタッフも子どもたちの上達ぶりが見たくて、オプショナル・レッスンに力を入れています。
     
    アットホームな、都賀校
    :: フロンティア外語学院 :: リトミックを中心に展開、幼児からの英会話教室、フロンティア外語学院img毎日“Hello!!”の元気なあいさつで始まる都賀校は、JR都賀駅から“0分”という恵まれたロケーションで、駅前西口ロータリーに面したビルの2階にあります。小学生を中心とした3才~60才代という幅広い年令層の生徒さん達が、毎週元気に通っています。校風もフロンティア全校に共通した“アットホーム”な雰囲気、どのクラスもリッラクスしたレッスンになっています。外国人講師は共にアメリカ出身で、とってもフレンドリーなDamon先生とWesley先生です。日本人講師も4人(清水・河田・川畑・篠崎先生)のベテラン揃い、英検・学校のテスト対策の心強い味方です。「一言でも多く英語を話そう!」が目標の都賀校は、毎日皆さんの笑顔を楽しみにお待ちしております。
     
    個性ゆたかな、鹿島田校
    :: フロンティア外語学院 :: リトミックを中心に展開、幼児からの英会話教室、フロンティア外語学院img川崎にある鹿島田校は、月曜から金曜の午後3時からオープン。現在、外国人講師4名、日本人講師2名、フロント2名で運営しています。子供から大人まで大人気のアメリカ出身Sean先生。ていねいな教え方が好評のJonathan先生は、日本が大好きなニュージーランド人。映画や舞台のお仕事もしている、とってもハンサムなTom先生。小学生やお母さまのファンもたくさんいます。そして今年から火曜日担当のIvor先生は、書道や太極拳などもたしなむほどの多趣味。歌って踊って、楽しく英語のレッスン。“Super Ivor”です。日本人講師は、石黒先生と徳光先生。どの先生もベテランで、とても個性豊かで楽しいレッスンと評判です。
     
    リトミックの先駆け、海浜幕張校
    :: フロンティア外語学院 :: リトミックを中心に展開、幼児からの英会話教室、フロンティア外語学院imgCM撮影やドラマのロケなどによく使われる幕張ベイタウン。この異国情緒あふれるマンション地域にあるのが海浜幕張校です。午前中は1才半から3才までの、可愛らしい笑顔いっぱいのリトミッククラス。とってもおしゃれなママ達も一緒に参加して、レッスンを楽しんでいます。午後からは幼稚園クラス、小学生クラス、中学生クラスと続きます。もちろん大人の会話クラスや、日本人講師による英検クラス、学力アップのクラスもあります。 外国人講師は、Justin先生、David先生、Brian先生。幼稚園への派遣レッスンでも活躍中の陽気なトリオです。ピアノ講師、フロントスタッフは6名で、外国人講師とのチームワークもバッチリ。「いつも笑顔で!」を心がけています。
    新検見川校と稲毛海岸校は、次回にご紹介します !!
     
    FRONTIER TIMES 2005 Spring
     

    ちょっと耳寄りな英会話

    高校時代アメリカに留学していたE.W.さんから聞いたお話をご紹介します。
    あなたがホームステイ先の自分の部屋にいたとき、誰かが部屋のドアをノックしました。さあ、あなたは何と言うでしょうか?たぶん“Yes”か“Come in”でしょうか。日本語の「どなた?」にあたる“Who is it?”かもしれませんね。“Who are you?”とは言いません。で、“Yes”、つまり日本語だと「なに?」にあたるのですが、こう答えると、ノックした人は部屋には入ってきません。ドアの外から用事を言うか、「入ってもいい?」“May I come in?”と聞いてきます。もしノックしたのが日本人で、部屋の中から”Yes”と言われたら、ついついドアを開けてしまいそうですね。気をつけましょう。もちろん”Come in.”と返事があれば入ってもOK!

    E.W.さんは最初その違いがわからなかったけど、いろいろ経験しながらわかってきたそうです。語学修得には経験の積み重ねも大切なんですね。

    留学、親子ホームステイで、貴重な体験を

    留学やホームステイプログラムで、毎年大勢の幼児、青少年、一般の方々をお世話している「留学協会」は、面倒見のよさで好評。
    フロンティアは留学協会の窓口になっていますので、まずはご相談を。
    幼稚園児から一般まで、ご希望に応じて、どのような内容のプログラムでも準備できます。

    さあ、世界に向かって羽ばたきましょう!

     
    FRONTIER TIMES 2005 Summer
     
    おめでとう!英検5級、100点で賞状
     

    :: フロンティア外語学院 :: リトミックを中心に展開、幼児からの英会話教室、フロンティア外語学院img

      :: フロンティア外語学院 :: リトミックを中心に展開、幼児からの英会話教室、フロンティア外語学院img新検見川校の鈴木愛可さん(現在、瑞穂小6年)は、今年1月に実施された英検で、なんと100点満点という素晴らしい成績をとり、英検協会から優秀賞と賞状を贈られました。フロンティアで英会話を始めたのは、小3の時。現在担当のダレン先生は、「マナカはとっても賢くて、いつも落ち着いてレッスンに集中している」と誉めています。これからも毎回きっちりオプショナルレッスンを受けて、さらに実力をつけようね。みんな応援してま~す!
     
    FRONTIER TIMES 2005 Summer
     
    わくわくサマーキャンプ
     
    :: フロンティア外語学院 :: リトミックを中心に展開、幼児からの英会話教室、フロンティア外語学院img今年3回目を迎える、サマーキャンプ。全校の外国人講師とともに過ごす、1泊2日の楽しいキャンプ生活とあって、子供たちが楽しみにしてくれています。親元を離れてのキャンプで子供たちがたくましくなって帰ってきた、との感想をよせてくださるお母さまも。先生と英語でゲームをしたり、ハイキングに行ったり、一緒にご飯を作ったり食べたりと、二日間たっぷり英語と密着生活。お友達を誘って、ぜひご参加ください。
     
    日程 7月28(木)、29日(金)
    場所 千葉大多喜キャンプ場
    参加費 19,000円(内部生)
    *詳細は後日プリントを配布しますので、お楽しみに。
     
    FRONTIER TIMES 2005 Summer
     
    ペアレンツ・ウィークで、お子さまの成長ぶりを
     
    フロンティア外語学院は、公開レッスンが特徴です。日頃の学習の成果や成長ぶりをどうぞご覧ください。今回の日程は、6月13日(月)から18日(土)。事前にお申し込みの必要はありませんので、ぜひお気軽にどうぞ。
     
     
    FRONTIER TIMES 2005 Summer
     

    スクール紹介

     
    フロントがしっかりフォロー、新検見川校

    1才半から86才まで、とっても幅広い層の生徒さんが特徴です。歌って踊って楽しく学ぶ幼児クラス、小中高生クラス、奥さまたちのクラス、そしてビジネスマンのプライベートレッスンなどで充実しています。講師はDavid, Brian, Jonathan, Darran, Georginaのベテランたちが、わかりやすく楽しくをモットーに教えてくれます。学力アップや英検、TOEIC担当の日本人講師もいます。うれしいことに現役の英検二次面接官もいるので、直々に面接の極意を伝授。当日、会場のドアを開けたら、その先生がいた!!なんてことも二度ありましたよ。最近は生徒さんのご要望で、元教員のベテランによる数学クラスも始めてま~す。フロントは、1月から後藤が担当しています。若いですが、留学経験を活かし、しっかり子供たちと外国人講師の橋渡しやオプショナル・レッスンのケアをしています。アシスタントは、アメリカ在住20年のワルティです。みんな、よろしくね!

     
    楽しい楽しい、稲毛海岸校

    :: フロンティア外語学院 :: リトミックを中心に展開、幼児からの英会話教室、フロンティア外語学院imgHello! 5月から稲毛海岸校の担当になった、ひろこです!スクールの目印は、いつも行列している有名ラーメン店、揚州商人。その2階にフロンティアがあります。子供たちはとても素直で面白くて、かわいくて、いつも楽しませてもらってま~す!講師はBen先生、David先生、そして新たにイケメンのTom先生、ベテランのGeorgina先生が加わりました。ちょっと淋しいけど、Justtin先生は鹿島田校に転勤。3年間ありがとう!そしてEmely先生はアメリカに無事帰国。また日本に来る時には、フロンティアに遊びに来るそうです。これからも楽しくて笑顔いっぱいのレッスンは変わらないので、安心してね。みんなのキラキラした笑顔を楽しみに一生懸命頑張りますので、宜しくお願いします! See you!

     
    FRONTIER TIMES 2005 Summer
     
    2005年度の英検スケジュール
     
    第1回 一次試験 6/12
    二次試験 7/10
    第2回 一次試験 10/16
    二次試験 11/13 
    第3回 一次試験 2006年1/29
    二次試験 2006年2/26
     
    FRONTIER TIMES 2005 Summer
     
    ちょっと楽しい話を2つ
     
    :: フロンティア外語学院 :: リトミックを中心に展開、幼児からの英会話教室、フロンティア外語学院img
    年長さんのクラスでの出来事!

    :: フロンティア外語学院 :: リトミックを中心に展開、幼児からの英会話教室、フロンティア外語学院imgどうも年中さんクラスは、英語の先生のことを「Brian先生」というのだと 思っているらしい。Justin先生を見ても、Darran先生を見ても、鳥居先生を 見ても、「あっ!Brian先生だ!」みんな、先生たちの名前を覚えてね!!

     
    :: フロンティア外語学院 :: リトミックを中心に展開、幼児からの英会話教室、フロンティア外語学院img
    マリアちゃんが、フロントでキャンディーをもらう時

    :: フロンティア外語学院 :: リトミックを中心に展開、幼児からの英会話教室、フロンティア外語学院imgお決まりの“May I have a candy, please?”ではなく、最近は、"May I have some candy?”って言うんですよね。aとsomeの違いがわかってきて、たくさんゲットするのがネライです。う~ん、 カシコイ!

     
    FRONTIER TIMES 2005 Summer
     
    ホームステイも、お任せください
     

    留学・ホームステイのことなら、フロンティアが窓口になっている日米留学協会をご利用ください。最近、流行りの親子ホームステイでは、幼稚園や小学校に体験入学できるプログラムもたくさんあります。滞在国は、オーストラリア、カナダ、ハワイ、ニュージーランド、イギリスなど。トラベルローンも利用できますので、安心です。幼いころのホームステイ経験は、国際人育成の第一歩。この夏、ぜひ、忘れられない体験を!興味のある方は、お早めにフロントまで。

     
    FRONTIER TIMES 2005 Summer
     
    おめでとう、英検合格
     

    稲毛海岸校の後藤優希さん(現在中1)は、今年1月実施の英検で、5級に見事合格!
    フロンティアニュースで記載モレでしたので、あらためてお知らせいたします。ごめんなさいね。本当に、おめでとう!

     
    FRONTIER TIMES 2005 Summer
     
    がんばったね、皆勤賞ゲット
    2004年10月~2005年3月末
     
    :: フロンティア外語学院 :: リトミックを中心に展開、幼児からの英会話教室、フロンティア外語学院img
    京成大久保校

    塩川嵩也・椋里紗・中村絢音・塩川将平・勝山奈美・椋詩歩・村上遼・千葉怜奈・千葉志織・中村祐子・石島りお・川田宮子・塚本有紗・小池快・鈴木晶恵・小山内礼紗・須藤孝太・間中勇輝・小山内瑞紗・木村琢人・伊藤智央

    都賀校

    橋浦優・古泉俊介・高橋和真・野口大樹・千葉悠介・三ツ橋咲紀子・村崎未有・篠崎杏樹・鈴木香菜・野島麗奈・松山真菜・安田美賢・安田秀華

    新検見川校

    篠島あゆみ・井熊千咲都・尾高宏明・牧凌平・牧大輔・中野佑希・田村晃女・小原茉弥・宮本遥・川上真吾・長谷川翼・渡辺由梨

    鹿島田校

    小澤里奈・青戸明日香・森沢翔子・佐野瑛亮・小室いちご・荻野友佳・小畑彩絵・木村光・古賀由香里

    稲毛海岸校

    小池祐作・宇野純一・小出あゆみ・岩下昂平・小林茂奈美・後藤優希・陳淵之・石井健太・小林豪人

    ヨークカルチャーセンター新浦安 S.K・月岡愛里
    (敬称略)  
     
    FRONTIER TIMES 2005 Summer
     
    カルチャーセンターにも、フロンティアが進出
     
    ぜひお友達を紹介してくださ~い。フロンティアの先生がお待ちしてま~す。
     
    ヨークカルチャーセンター新浦安店
    TEL:0120-304-222 
    担当 Brian
    英語ワールド
     金曜10:15-10:55は1.3~2才
       11:05-11:45は2~3才

    ヨークカルチャーセンター八柱店
    TEL:047-385-2321 
    担当 Jonathan

    一般入門
      水曜日10:15-11:15 
    初級  
      11:20-12:20

    美浜カルチャーセンター
    TEL:0120-66-5432 
    担当 Justin、Brian  
    英語ワールド  
     木曜10:20-11:00 1.3~2才    
       11:10-11:50 2~3才
    キッズABC
     金曜15:30-16:20 年少・年中    
       16:30-17:20年長~小2
    津田沼パルコカルチャーセンター
    TEL:0120-201-666 
    担当 Darran  

    英語ワールド 
     月曜15:30-16:20 幼稚園児  
    キッズ英会話
     16:30-17:20 小学低学年
    ジュニア英会話 
     月曜17:30-18:20 小学高学年  
    一般入門 
      19:00-20:00

    上記以外にもたくさんコースがありますので、まずはお気軽にお尋ねください!!
    eメール:info@frontier-english.jp  TEL:043-272-0043  担当:鳥居

     

    FRONTIER TIMES 2004 SUMMER
     
    「英語との出会い」は幼児期に
     
    :: フロンティア外語学院 :: リトミックを中心に展開、幼児からの英会話教室、フロンティア外語学院imgいまから何十年も前のこと、英語との出会いは通常、中学に入ってからだった。なんと新鮮な出会いだったろうか。教科書の最初の頃にでてくるのは、I am a girl. 決して日常会話では口にしない英語ではあったが、当時は変だと疑問にも思わず勉強した。最近は中学の英語の教科書を見ると、内容は会話重視になっている。

    そして今、1才半からの赤ちゃんもスクールに来ている。赤ちゃんにはあらゆる言葉のあらゆる音素を識別する力があるそうだ。英語が口から出るようになるころには、発音に差がでる。それまでは、まず外国人に慣れる、お友達に慣れる、社交性を身につけるなど、語学とは直接関係ないことも学ぶ。またリトミッククラスは運動量も大きい。そして最初は反応のなかった子供達が、やがてクラスをリードするまでになる。講師もスタッフも感動する。
    公立小学校に外国人講師が派遣される時代だが、この傾向は幼稚園も同様である。フロンティアも船橋の若松幼稚園に講師を派遣し、年少さんから年長さんまで各30人前後のクラスでフロンティアのカリキュラムを教えている。おそらく子供達は、大きくなってからも講師たちのこと、楽しかったレッスンのことを覚えているだろう。さらには、都賀の瀧澤学園や京葉線の検見川浜駅前にある「いずみや」のカルチャーセンター、新浦安のイト-ヨ-カ堂内のカルチャーセンター(9月から)にも講師を派遣している。ますます英会話は、着実に身近になっているのです。
    FRONTIER TIMES 2004 SPRING
     
    英検もフロンティアで!
     
    2年前に、政府の行革に伴って英検が文部科学省の認定からはずれ、価値がなくなるのではないかという噂もありましたが、その後も英検の社会的な評価になんら変化はありません。入試での優遇措置や単位認定のみならず、就職の際の資格としてもちろん今でも価値があります。
    :: フロンティア外語学院 :: リトミックを中心に展開、幼児からの英会話教室、フロンティア外語学院img
     
    英検の準会場としてフロンティアは認定されていますので、各スクールで2級までの英検を受験できます。(準1級と1級は本会場のみの受験です)また各校には英検コースがありますので、日本人講師から受験のためのレッスンを受けることをお勧めします。また、新検見川校には現役の二次面接官の講師もいますので、3級からある面接もお任せください。なお、お母さま方のご要望にお応えして、小学校低学年のための英検コースも準備中です。
     
    児童英検は、今年6月分からリニューアルし、ブロンズ、シルバー、ゴールドの3つのレベルになりました。いずれもテープを聴き、絵を見て解答するというもの。テスト時間はブロンズで30分で、英語が読めなくても大丈夫です。合格・不合格ではなく、結果がスコアで出るので心配ご無用。日頃の成果が測れるので目安になりますし、弱点もわかります。受験のちょっとしたコツを勉強すると、点数アップにつながりますよ。フロントまでご相談ください。
     
     
    小学生2人が3級、準2級に合格!  
    英検・児童英検でわかる英語力。 フロンティアならではのメリットです。
     
    英語を習って1年、2年、3年・・・。なかなか漠然としかわからないのが、お子さまの英語習熟度ですね。そんなお母様方の要望やお子さま方の学習意欲を高めるのに効果をあげているのが英検・児童英検です。英検・児童英検に挑戦するだけで、お子さま方の英語力が、客観的な判断によってどのくらい身に着いているかがわかります。

    フロンティア外語学院は英検・児童英検の準会場として認定されていますので、いつものお教室で緊張することなく受験できると好評です。また、フロンティアなら日本人講師による英検対策コースもありますので、安心してお任せください。小学生で英検4、5級を取得し、中学生のうちに準2、3級を取得して、中学・高校受験に有利になるよう目指します。

    実際、海浜幕張校には今年6月の英検で、小学4年生が英検3級を見事に取得しました(帰国生ではありません)。3級以上の英検は、二次試験として面接がありますが、フロンティアには現役の面接官がおりますので、二次対策も万全です。

    昨今、たくさんの英会話スクールがありますが、何人もの方から「長い目で考えてフロンティアを選んだ」という声を聞いて大変うれしく思っています。
    今回受けなかったお子さんも、次回はぜひ英検・児童英検にチャレンジしてみてください。児童英検は合否ではなくポイントで結果がでますので、気楽に受験できます。

    児童英検・英検に関するご質問ご相談などがございましたら、お気軽にフロントまでお問い合わせください。

     
    FRONTIER TIMES 2004 SUMMER
     
    とっても役立つ無料オプショナル・レッスンて?
     

    Let’s Goクラスの幼稚園児と小学生には、ある程度レッスンンが進んだところで、子供たちのやる気に応じて、また個々の状況をみて、フロントで各種オプショナル・レッスンを無料で行っております。(稲毛海岸校は準備中です)テキストにでてきた英単語の読みと意味を復習する「ワード・リーディング」、つづりを見て読めるようになるための「リーディング・コンテスト」、そしてテキストにでてきた会話を復習する「センテンス・レビュー」などなど。フロンティアなら「聞く、話す、読む、書く」のすべての力を備えることができるよう、さまざまなプログラムをご利用いただけます。


    また、Let's Go StarterクラスとLet's Go 1クラスの生徒は、通常のレッスンの他に、毎週ひとつずつ単語を覚えることになっています。この半年で下記の単語を習いました。

    4月 car  motorcycle  helicopter  truck 
    5月 motorboat  green pepper  onion  radish
    6月 mushroom  owl  squirrel  hippopotamus
    7月 horse  jellyfish  starfish  squid
    8月 watermelon  guitar  piano 
    9月 cutting board  fork  spoon  plate  glass
    10月 bat  jack-o’-lantern   antle   mel
    11月 raccoon  sheep  turkey  angel
    12月 candle  Christmas bell   Christmas present
    1月 cucumber  okra  eggplant   cabbage
    2月 school bus  ambulance   fire engine
    3月 police car   papaya   kiwi   pineapple   melon
     
    FRONTIER TIMES 2004 SUMMER
     
    フロンティアは「留学協会」の窓口です
     

    まずは、ご相談ください。一人ひとりのご希望に合わせて、オリジナルのプログラムを作ります。
    留学、ホームステイ、親子で行くホームステイなど、幼稚園生から大人までのさまざまなご要望に応じることができます。
    詳細は各校のスタッフにお問い合わせください。

     
    「帰りたくなかった!」ホームステイ体験記
    都賀校の力武駿君(中2)が日米留学協会のプログラムを利用して、3月27日から4月4日まで、カナダのノースバンクーバーでホームステイを体験しました。学校にも通ってお友達もでき、わずかな期間で英語も上達するなど、本当にたくさんの収穫があったようです。さっそく手記を寄せてくださいました。
     
    カナダへの一人旅を終えて :: フロンティア外語学院 :: リトミックを中心に展開、幼児からの英会話教室、フロンティア外語学院img

    最初、両親からカナダへ1人で行くというホームステイの話を聞いた時、「自分一人で行っても何も出来はしない」などと軽い気持ちで受け止めていました。けれどその話は自分自身の気持ちとは無関係にどんどん進行して行き、周囲の人達の雰囲気も盛り上がって最終的に「行く」ことになりました。初めは全く行く気がなかったのですが、日がたつにつれて「よし、カナダへ行ってみよう!」という気持ちに変わってゆきました。そして今は「カナダに行って本当によかったな」と実感しています。:: フロンティア外語学院 :: リトミックを中心に展開、幼児からの英会話教室、フロンティア外語学院img

    そう思うには3つの理由があります。まず、1人でも外国に行って生活することができるという自信がついたこと。第2はわずか1週間ではあったけれど、普段日本にいては味わうことのできない、たくさんの貴重な体験ができたということ。その体験の中には嫌になるような最悪なものや、初めて知った楽しいものなど様々なことがあります。嫌な例としては、道に迷ってしまったことです。でもその時は、あるお店の電話を貸してもらい、留学協会の現地の担当者に家の帰り方を教えてもらってその困難を乗り越えることが出来ました。楽しかったことのひとつは“Sea-bus”という乗り物に乗って、本場のアイスホッケーの試合を初めて観戦したことです。そして第3は自分の耳や体が英語に慣れてきたことです。1週間という短い期間ではありましたが、ほんの少し英語を読んだり、話したりする力がついたと自分では思っています。

    カナダのバンクーバーという町がとても好きになりました。綺麗な海・山々、そしてどこまでも続く芝や木々などの大自然が身近に感じられたからです。

    :: フロンティア外語学院 :: リトミックを中心に展開、幼児からの英会話教室、フロンティア外語学院img僕の一人旅で、自分自身に持って帰ってきたお土産は

    “一生の財産になる体験”でした。   都賀校 力武駿
     
    FRONTIER TIMES 2004 SUMMER
     
    振替レッスンができるようになりました!
     
    フロンティア外語学院では、7月からレッスンの振替制度を導入いたします。外国人講師による英会話グループレッスンの受講者が対象で、下記の要領で行いますので、ご利用ください。

    ●振替は、月に1度。(月初~月末を1ヶ月とします)
    ●既存のクラスに参加していただくことになるため、レベル差が生じることもあります。
    ●振替クラスは、フロントがご案内する3つのクラスから選べます。ご案内したクラス以外では受講できません。
    ●担当講師は、担任以外になることもあります。
    ●振替日は予約制ですので、すぐにお取りできない場合もあります。
    ●振替レッスンは有効期間(ご提案日より1ヶ月)があります。
    ●振替レッスンはサービスとして実施するため、その分の授業料を返金することはできません。
    ●この制度の導入により、一時的にクラスの定員がオーバーすることもありますが、ご理解をお願いします。
    ●振替制度は生徒さんからのお申し出により行いますので、所定の書類をご提出ください。

    *詳細は各校のフロントまでお問い合わせください。
     
    FRONTIER TIMES 2004 SUMMER
     
    がんばったね!! リーディング・コンテスト修了者保護者の方々の感想
     

    ●これまで全く読む事ができなかったのに、発音もきれいに読めて大変うれしく思います。
    これからも楽しく英会話の勉強ができるよう、宜しくお願いします。
    ●ずいぶん読む力もついてきたなと感じます。自宅で何をどの程度やらせたらよいかもわからなかったのですが、
    「とりあえず声を出して読む」だけでもよいのかもしれないと思いました。
    ●たとたどしいながらも、英語を読めるようになっている事にびっくりいたしました。意味がわかるようになれば、
    もう少しスムーズになるかと思いました。残念ながらリーディングタイムに出られなくなってしまい、心残りです
    ●以前に比べてだいぶスラスラと読めるようになりましたが、まだまだ棒読み状態のようです。
    もう少し感情を込め、抑揚をつけて読めるように頑張ってほしいと思います。

     
    FRONTIER TIMES 2004 AUTUMN
     

    留学を成功させるには

    :: フロンティア外語学院 :: リトミックを中心に展開、幼児からの英会話教室、フロンティア外語学院imgフロンティアでTOEFLのスコアアップクラスを受講した原田知美さんが、高校を卒業してアメリカ、アラバマ州の語学学校に留学したのは昨年のこと。そして約1年ぶりにフロンティアに元気な顔を見せてくれた。さすがに英語力がずいぶんついて、日常会話には不自由はないようだった。語学学校とあって、各国からの留学生たちとはインターナショナルな交友関係ができたようだ。一時帰国した際には、台湾からのお友達を日本に連れてきてあちこちを案内してあげて喜ばれたと笑顔で話してくれた。

    なによりもチャレンジ精神

    留学に憧れる中高生は多い。だが、なかには挫折して途中で帰国するケースも原田さんの周囲に多々あったらしい。留学を成功させる秘訣は、積極的なチャレンジ精神だ。寮やホームステイ先に引きこもっていては何も始まらない。何でも興味をもってやってみることが大切だ。スポーツなど得意なことがあれば、現地の友達を作りやすい。友達が大勢できれば、英語も格段に上達する。原田さんは以前より自信に満ちた顔だった。頑張ってこの先アメリカの大学に行くと夢を語る。

    知りたい!という気持ちが語学上達に役立つ

    ところで、アメリカでは日本のコミックがはやっているらしい。実際、少年ジャンプの英語バージョンを何冊も持って帰ってきてくれた。フランスでも最近また日本ブームで、若者の間では、アニメやコミックをきっかけに、カワイイやゼン(禅)という言葉がそのまま使われているそうだ。日本では今、かつてないほどの韓国ブーム。近くて遠い国が、本当に身近な国になってきた。そして韓国の映像に触れているうちに、韓国という国をもっと知りたくなるから不思議だ。きっかけは美形の俳優たちだとしても、相手に興味を持ち相手をもっと知りたくなることが、語学上達のプラスになることはまちがいない。
     
    FRONTIER TIMES 2004 AUTUMN
     

    フロンティアで「成功する留学」を!
    川端君、オーストラリアでホームステイ中

    フロンティアは「日米留学協会」の窓口になっています。まずは、ご相談ください。一人ひとりのご希望に合わせたプログラムで、ぜひ「成功する留学」を!
    留学、ホームステイ、親子で行くホームステイなど、幼稚園生から大人までのさまざまなご要望に応じることができます。現在、新検見川校の川端将之君が、念願だったオーストラリア3ヵ月のホームステイを体験中。英語力の飛躍的アップが楽しみです。詳細は各校のスタッフにお問い合わせください。

    FRONTIER TIMES 2004 AUTUMN
     
    無料OPレッスンで、もっと伸ばそう英語力
     

    Let’s Goクラスの園児と小学生には、ある程度レッスンンが進んだところで、子供たちの状況に応じて、フロントで下記のような各種オプショナル・レッスンを無料で実施します。
                                (スクールによっては一部行われていないものもあります)

    1.単語を増やすための「ウィ-クリ-」(LG2クラスにも導入)
    2.アルファベットが書けるようになるための「チャレンジABC」(新たに導入)
    3.読めるようになるための「リーディング・コンテスト
    4.会話の復習をする「センテンス・レビュー
    5.テキストの英単語の読みと意味を復習する「ワード・リーディング


    リーディングのおかげで、スラスラ読める!

    ●苦労しながらもずいぶんとリーディングができるようになっているのに驚きました。
    先生がたのおかげで、日常生活でも英語で書かれているものに興味を持ちはじめ、間違いながらも声に出すようになってきました。今までは聞く一方で、声に出すことはなかったのですが、英語が読めるようになり、英語が楽しくなってきたようです。語学習得には耳だけでなく、目や口を使うことの大切さを改めて感じました。
                             [宮川久弥恵さん(小2)のお母さまの感想]

    ●リーディングを聞きました。少したどたどしいものでしたが、一生けんめい単語を目で追っている姿、発音に気をつけようという姿勢は、とてもほほえましく、うれしかったです。
                               [内田昂佑君(小5)のお母さまの感想]

    ●一文一文、ハッキリとていねいに読めました。これからもリズムを大切に、もっともっと英語に親しんでもらいたいと思っています。今後ともご指導宜しくお願いいたします。
                             [山中万梨子さん(小3)のお母さまの感想]


    フロンティアだけのオプショナル・レッスンをご紹介
    「楽しく学ぶ」が大きな力に!

    ●リーディング・コンテスト
    リーディング・コンテストは、40册の小さな本を順番に読んでいくもので、子供たちはつづりと音の関係が自然にわかるようになります。フォニックスを理論からではなく実践で学んでいくからです。NO.10まできたら、もう一度NO.1から復習します。このようにすべての本を2回ずつ外国人講師の前で読み、合格シールをもらいます。個人差はありますが、1年前後で40冊を読み上げます。英検を受験するには、「読めること」は欠かすことができません。

    ●ゲーム感覚でアルファベットを完璧に「チャレンジABC」
    LG1クラスで初めてのレッスンがスタートして慣れたころ、オプショナル・レッスンのひとつ「チャレンジABC」が始まります。フロントで大文字と小文字が3セット書かれたペーパーを受けとり、家で練習します。AからZまで修了し、アルファベット26文字を大文字・小文字全部書けるようになったら、フロントでテストを受けます。完全に書くことができたら賞状がもらえて、しかも教室内のランキングチャートに名前が載るので、子供たちも一生懸命です。

    ●英語の土台をしっかりと作る
    英会話レッスンとはいっても、テキストが進むにつれて、読む・書くの部分が必要になっていきます。アルファベットが完全に書けるようになることは、しっかりとした土台を作ることになり、英語上達には欠かすことができません。京成大久保校ではパイロット校として1年以上にわたり実施してきましたが、大きな成果がでており、お母さま方からも大好評です。これから全校が実施することになりますので、ご家庭でのご協力をよろしくお願いいたします。

    ●とにかく繰り返し英語を発音することが大切
    またLG1クラスからLG2クラスに進級すると、「ウィークリーは卒業」していましたが、04.10月から復活しました。理由は、以前はちゃんと言えた「物のやりとり」に使う英語を、すっかり忘れてしまう子供たちが多かったからです。せっかく覚えた英語が、無意識のうちに口をついて出てくるようになるには、何度も何度も、そして何度も繰り返すのが一番なのです。また、児童英検シルバーやゴールドでは、単語力が必要ですからボキャブラリーが増て有利になるのはもちろんです。

    ィークリーで習った単語
    4月 spring       bee      butterfly     chopsticks
    5月 pan          pot      cup          rice cooker
    6月 hydrangea    snail     rain boots   umbrella
    7月 rainbow      summer    mosquito      fly
    8月 beetle        firefly   tooth brush
    9月 toothpaste   towel     soap          mirror
     
    FRONTIER TIMES 2004 AUTUMN
     

    フロンティアを100%活用するために 振替レッスンを活用しましょう!

     
    外国人講師によるグループレッスンを受講している生徒さんは、お休みしたレッスンを振替ることができます( 月に1度)。
     

    ●振替は月に1度(月初~月末を1ヶ月とする)のみ。
     お休みした日から1ヶ月以内にフロントにご相談ください。
    ●既存のクラスに参加していただくため、レベル差が生じたり、
     適当なクラスがない場合もありますのでご了承ください。
    ●振替レッスンはサービスとして実施するため、その分の授業料返金はできません。
    ●この制度を導入することによって、一時的にクラスの定員がオーバーすることもありますが、
     お互い様ということでご容赦願います。

                        ※詳細は各校のフロントまでお問い合わせください。